そいつは、いきなりオレの前に現れた。
目をキラキラと輝かせた子供達に交じって、屋台の列に並んで。
「大人も、アリだろ?」
不敵に笑って構えたポーズは、冗談じゃねえ………屋台射的のプロだった。
――― そんなもん、ねぇけど。
「なんだ、口ほどにもねぇな、オッサン」
一発目を外したから、オレは笑ってやった。
会社帰りのような半袖のスーツシャツを、肩まで捲り上げておいて。
格好ばっかかよ!
 
でもその時点で、オレは地獄に堕ちていたんだ。
それは輪ゴム銃の弾道を見るための、”捨て撃ち”だったのだ。
 
  
 
 
 
本当は、もっとデッカイ方の祭りに、出店したかった。
毎年賑わう、このエリアじゃかなり有名な、夏祭りだ。
でも、オレみたいな大卒したばかりの若造が、入り込める余地もなく。
地元町内会の盆踊り大会に、夜店を出していた。
まあ、それでも町内中が集まる。
立ち並ぶ屋台は、この一夏で稼ぎ倒すとばかりに客寄せをし、呼び込み合いの喧噪を繰り広げた。
焼きそばだイカ焼きだと、そこら中に叫び声と匂いが飛び交っている。
オレんトコも、並ぶガキ共は見知った顔ばかり。
「セージ兄ちゃん、倒しやすくして!」
「今のなし! もう一回!」
「ダメダメ! おら、後ろに並び直せよ! 4回目からは100円でいいからな!」
わがままに叫ぶ声を適当にあしらって、小銭を缶に放り込んでいた。
 
オレもかつてはこんなカオして、一生懸命ゴム弾を飛ばした。
夏祭りは一年の中で、無くてはならないイベントだった。
金魚すくいや、かき氷、ヒーローのお面。
提灯の明かりで浮かび上がる夢のような祭り行事の中で、一番ときめいたのが、コレ…”射的”だった。
簡易パチンコみたいなラッキーで、スモモ飴を2個貰えたって、それは違う。
実力で商品を手に入れる。オレが欲しいと思って、それを狙って倒す。
――手に入れたときの重みは、他人にとってどんなちっぽけなモノでも、手の平に確かな物として収まった。
『やったな、坊主!』
悔しそうに、でも何処か楽しそうに、テキ屋のおっちゃんは言ってくれるんだ。
それを聞くのも、嬉しくて。
毎年のそれが、オレの宝物になった。
大人になったら、屋台をやりたい……オレのガキの頃からの夢となった。
それが叶って、今回が二年目の出店だったんだ。
そこに、コイツは現れた。
 
 
構えも鮮やかなら、飛ばすゴムの威力も見事だった。
同じ銃を使っていて、何故こうまで違う…?
変な汗が額に流れて、オレは長い前髪を掻き上げた。額のハチマキも締め直す。
「…………」
見ているとゴムを引っかける前によく伸ばして、輪のねじれを無くしている。
ビシッと小気味良い音を立てて、小さなキャラメルBOXが倒れた。
「あ~、あれボクが狙ってたのにぃ!」
後ろに並ぶ子供が、悲痛な叫びを上げる。
それを尻目に、容赦なく一段目の左側から、丁寧に一つずつ倒していく。
 
……おいおい、ちょっと待てよ。
 
オレは焦った。
ちゃちなオモチャや菓子の類ばかりを並べた、階段状の3段の棚。
一番手前の下段から射的台まで、距離にして2メートル。
一回200円につき、ゴムは5本。
輪ゴムを引き伸ばして木製の猟銃に引っかけ、トリガーを引くと飛ぶって仕組みだ。
二回も当てられりゃラッキーと、子供達ははしゃぐ。
商品ははっきり言って、最後には全部取られても良かった。
余ったって、しょうがないしな。
 
「おい、オッサン!!」
 
オレは慌てて最後の構えを、降ろさせた。
「そりゃ無いだろ!」
「なんでだ?」
何でもクソもあるか! 3回も並び直しやがって!
「大人がダメとは、言わないけどなぁ……根こそぎ、倒す気かよ?」
「おう」
「………!!」
平然と答えるその顔を、呆れて眺めた。
短髪、顎髭、太い眉。
鼻筋の通った顔は、オレとは正反対に堀が深いクッキリ二重で。
そのくせ見開かないような……要するに、三白眼てやつだな。性格悪そうだぜ。
その眼がオレを、じろりと睨んだ。
「言っておくが、俺はまだ30前だ!」
その凄みにちょっと怯んでしまったが、オレだって負けない。
オレよか上なら、オッサンだろ!」  
四捨五入したら二十歳のオレは、そんな言い方、絶対しねぇ。  
  
 
――― なんにしたって…… 
もう既に、13個の商品が倒されている。
その倒しっぷりは、まじでアッパレだった。
棚板はほんの少しだけ、前のめりに作ってある。後ろに倒れ難いようにだ。(バレやしねえ)
しかしそれを見抜いたかのように、斜めに狙ってくる。
ターゲットの右肩部分を、左斜め下から。
ルールとして、射的台はあるけど、そこに身体を固定しちゃいけない。
その台ギリギリまで長身をハデに屈めて、撃ってきやがる。
狙われた玩具は、見事にバランスを崩して倒れていった。
―――なんだ? コイツ…!
洒落にならない焦りを感じて、オレは叫んでいた。
 
「コ……コレを、倒せるか!?」
 
二段目の真ん中を指さして、挑発した。
ヤツの暴走を、止めたかった。
「コレが無理なら、もう手を引け!」
他より大きめの玩具箱。中身が下の方に溜まってるから、倒れにくい。
 
「ちょろい」
男は笑って、受けた。
片目を瞑って構える姿は、本当にサマになっている。
捲り上げたシャツからは、筋肉で盛り上がった腕が生えていた。
ヤツはふざけたことに唇を尖らせて、口笛を吹きながらトリガーを引いた。
「あ!」
叫んだ時には、もう箱が揺れていた。
カタンという空しい音は、子供たちの叫び声に掻き消された。
「おっちゃん、すげー!!」
「あれ、ちょうだい~!」
「おう、いいぞ」
 
――― ま……待て、待て、待てーッ!
 
「そりゃないっつーの! 根こそぎ取っていってバラ撒くなよ!」
オレはさっきより、あわくって叫んだ。
商売上がったりも、いいとこだ!
なんだってこんなショボイ夜店で、商品狩りなんかしてんだよ、コイツ!
「取ったモノをどうしようが、俺の勝手だ」
「――――!!」
非常識な三白眼男は、平然と言ってから、ニヤリと笑いやがった。
………マジで……なんだ、コイツ?
得体の知れない台風乱入で、体中冷や汗だ。町名入りのはっぴが、背中にべったりと張り付いていた。 
「―― も……もう一回、勝負だ!」
オレは奥の手2つ目(ってか、最終兵器)を、指さした。
 
「コレ倒したら、認めてやる!」
 
それは、一回ゴムで叩いた位じゃ倒れやしねぇ。
なんつったって足元に重心がある、デカめのロボットだった。
当然、他より値段も高い。
みんなが欲しがって何発も撃つから、多少高くても元手は取れるって勝算なんだ。
「倒せるモンなら、倒してみな!」
一番奥まった3段目の、中央に置いてある。ここが一番倒れにくいからな。
男はそれをチラリと見て、笑った。
「足の裏にマグネットが付いてんじゃ、ねーだろうな?」
「…付いてる! でも台は金属じゃないぜ!」
見抜かれていることに、気恥ずかしさを覚えながら、オレは棚板を叩いた。
 
 
男は一回200円のコインを缶に投げ入れて、片目を瞑った。
「失敗したら、今までの全部、返品してやるよ」
「!!」
「その変わり倒せたら、並び直すのを止めるなよ」
「………あ、…ああ!」
 
金は払うと言っている。
違法なことは、してないんだ。返品するとも言ってる!
オレは、頷くしかなかった。
仕掛けたつもりが、仕掛けられていたのに。
 
一発目のゴム弾が飛んで、ロボットの右肩に当たった。でも、倒れない。
………よっしゃ!
オレは心の中で、ほくそ笑んだ。
 
二発目も当たったけど、倒れやしない。
「ふふん!」
冷ややかな目で、男を見てやった。
「…………」
ヤツは3回目を構えながら、視線だけチラリとこっちに向けた。
その眼が、細められた気がした。
 
――― 笑った?
 
三発目も、空しくロボットに弾かれた。
でもオレはその時、気付いたんだ。
3回とも確実に、右肩に当てている。
そのせいで少しずつ押されて、立ち位置が右斜め後ろに傾いていた。
………マジかよ!
4発目で、全体が一瞬真後ろに傾いて、何とか持ち直した。
5発目は、その揺れを逃がさなかった。
ガジャン! と、重たげな音を立てて、オレの最後の砦は無惨にもひっくり返った。
 
「ボクに、ちょうだい!!」
「おっちゃん、今度はあれ倒して!」
子供達の、歓声があがる。
その後ろの親たちまで、手を叩いていた。
 
「……………!!!!!」
声も出せずに撃沈したロボットを眺めていると、男が叫んできた。
「おう、次ぎ誰もいないから、また俺だ」
弾を寄越せと、手を突き出している。
………並び直すって……冗談だと思っていた。
まさかこんな子供だましの商品、全部持って行くなんて。
 
祭りは、やっと中盤を迎えた頃だった。
広場をぐるりと囲んだ屋台の中央には、2段に組んだ櫓があって。
上段では、フンドシ姿の厳ついオヤジが、はっぴを捲り上げて太鼓を叩いている。
下の段には商工会のご婦人方が、揃いの着物で、盆踊りの見本を。
その櫓の周りに客達が、さらに大きな輪を作って踊っている。
祭囃子とアニメ音頭は、子供達まで延々踊らせていた。
 
そんな盛り上がっている最中に、オレの屋台は今や、スッカラカンになろうとしている。
この男が来てからは、200円を数回投げ入れられただけだ。
商品棚の上に残るは、たったの5個となってしまった。
「おじちゃん、がんばれ~!」
集ってくるガキ共が、面白がって口々に声援を送り出した。
 
それに愛想を振りまくでもなく、薄ら笑いにオレをじっと見て来やがる。
真っ黒い短髪は、提灯や裸電球に照らされて、茶髪にも見える。
そこらのオッサンリーマンて言うには、タチが悪すぎる憎たらしいカオ。顎髭なんか生やしてるから、余計だ。
「…………」
余りに悔しくて、納得がいかなくて、オレも睨み返しながら最後のゴム弾を、無言で渡した。
「もう、賭けるモノが無ぇな? ……このまま根こそぎだな」
またまた不敵に笑うソイツに、マジで腹が立った。
「アンタ、何のつもりか知らないが、明日は来んなよ!」
祭りは3日間あるんだ。初日がこれじゃ、明日が思いやられる。
「お前を、賭けないか?」
「………は?」
一瞬、聞き取れなかった。
声を潜めて、囁いたからだ。
「最後の5個を一つでも失敗したら、全額弁償してやる」
「…………」
「その代わり全部倒したら、お前を頂く。……どうだ?」
 
………やっぱ、聞き取れねぇ。つか、意味がわかんねぇ。
 
オレは両手で前髪を掻き上げながら、頭を押さえた。
「どういう……」
「賭けるか賭けないかって、訊いてんだ! 商品取り戻したくねぇのか?」
イラッとしたように、捲し立てる。
三白眼がギラつくように光って、怖ろしすぎる。
「そりゃ、取り戻したいけど…!」
混乱したオレに、ヤツは畳みかけてきた。
「男の約束だ! 俺が負けたら全商品分、弁償するぜ!」
”返品”じゃないのは、大半を子供達に配ってしまったからだ。
そうまで言われて、オレも引き下がれなくなった。
なんたって、残りは4羽カラス(オレ判断)だ。
大ボス中ボスは倒されたけど、小ボスとその取り巻き軍団だって、ちょいとした強敵だった。必ず一発で仕留めていくのは、難しいはず。
「……よし、受けて立ってやる!」
最後の賭品がオレってのが、イマイチ不安だけど。
自分の合法ギリギリの小細工を、信じた。
低い重心。前のめりの棚。照準を合わせにくいように、商品の手前…それも低い位置に裸電球。
我ながら、あざとい。
腹の底で笑いながら、見つめた。
 
……ん? ナニやってんだ。
 
ヤツは台の前で構えたまま、右に左に動き出した。
そして一発!
見事に靴を履いたネズミが、デッカい耳の端を撃たれて倒れた。
「………」
唖然としているオレを、ニヤリと一瞥して、一言。
「お前に、近づいた」
「…………!」
悪寒が走った。さっきから、何を言ってるんだ?
 
二発目。
30周年とかで再ブレイクのモビルスーツが、頭の角を撃たれて吹っ飛んだ。
これの重心は実は上の方にあるが、本体が重いから、正面から当てたって倒れるモンじゃなかった。
………さっきの謎の動きが判った。
台の傾斜を、確認していたんだ!
前倒しは故意だけど、不覚にもすこし右側が上がってしまっていた。
広場は平に見えるけれど、いざ台を設置してみると、案外でこぼこしているんだ。室内で作ってきた自作の棚を、当日現地で直しきれるモンじゃなかった。
その微妙な傾きを見切って、有効ポイントを狙い撃ったんだ。
 
「次で、お前を手に入れる」
4羽ガラスの取り巻き達を、物ともしないで倒してしまい…
妖しく笑うその顔は、最後のゴムを引っかけながら、余裕たっぷりだった。
「…………」
真っ白になったオレは、無意識に神頼みをしていた。 
 
―――持ち堪えてくれ、悪知恵の結晶よ!
 
 
 
「……ああ!」
 
情け無いオレの悲鳴は、小ボスの倒れる音と子供達の歓喜に、掻き消された。
狙ったピンポイントは、人形が突き出している手をすり抜けて、背負っている剣の柄を弾いていた。 
 
「おっちゃん、スッゲー!」
「教えて、教えて!!」
やめてくれ。そこら中で拍手だ!
 
オレはガクンと項垂れて、オレの子分だったオモチャ達を、ヤツに突き付けた。
「ほらよ」
ちゃんと受け取らないから、射的台の上でガシャガシャと音を立てた。
「………!」
もう知るか。拾ってやるのも、顔を見るのも腹立たしい。
ぷいと横を向いて、台にくくりつけておいた小銭缶を手に取った。
―― チクショー……今日の見込みの、半分もいかなかったな。
中身をかき集めて、その軽さにますますガックリした。
「何をしている?」
その原因が、戦利品に目もくれないで、無粋なことを訊いてきた。
「……店、畳むんだよ!」
バカかコイツは! 商品が終わっちゃ、店終いじゃねぇか!
「んなこと、後でヤレよ」
「……え?」
「賭けに勝ったんだ。お前は、俺のモノだ」
オレの手を掴むと、ソイツは強引に引っ張った。
「う…うわっ」
台沿いに横に引きずられた。端から外に連れ出すと、そのまま引っ張っていく。
「ちょ……、離せよ!」
やっぱコイツは背が高い。オレだってかなりあるのに、力もまるっきり歯が立たなかった。
それでも抗うオレに、男は鋭く睨み付けてきた。
「嫌がる権利は、無ぇよな?」
「………権利って…!」
「勝ったら頂くって、言ったろ」
「…………!!」
ニヤリとする不穏な笑みに、背筋がゾクリとした。
そのままごちゃごちゃした人混みや盆踊りの輪をすり抜けて、中心の櫓に近づいていく。
「や……離せって…」
まさかと思ったけど、幔幕を捲り上げて、櫓の骨組みの中に押し込まれた。
「ちょ……こんなトコ入ったら、注意されるって!」
危険だから、侵入禁止になっているんだ。それでもガキ共は面白がって入り込む。オレも子供の頃は、中で遊んじゃ叱られた。
 
「黙ってろ、すぐ済む」
「――――!!」
口を塞がれて、鉄骨に背中を押し付けられた。
「……ム…グッ!」 
 
………待て待て待てッ!
ナニがすぐ済むって………!!
頭がパニックだ。真っ白だ!
 
急展開に、さっきまでの怒りも消えた。
恐怖だけを、目前の謎男から感じる。
  
「……お前が、標的だった」
「―――― !?」 
怯えているオレの目を覗き込んで、射的の名手は笑った。
「エライ生っちろいのが、テキ屋なんてやってっから。眺めてたら、ガキ相手に姑息なことやりやがって」
「……んんっ」
股間を握られて、背中に冷たい汗が流れた。
………でも、もっと違う痛みを、同時に感じた。
” 姑息なこと”
その言葉は遠慮無しに、オレの胸の奧まで刺さった。
「初めは、からかってやろうと思った」
「………ッ!」
眉を寄せたオレに、覆っていた手を放して、唇を合わせてきた。
「ア……やめッ…!」
柔らかくて温かい感触に、怖くなった。
反射的に身体を仰け反らせて、それから逃げた。
――― ヤッパ、冗談じゃねえ! ……それに、からかうって……
確かに、子供相手にあこぎなことしてたけど。
……コイツにこんなことされる程、恨まれる覚えはねぇよ!
「……セージ」
本気で嫌がったオレに、間近に距離を保ったまま、男は真剣な眼を向けてきた。
………………?
ムカツクだけだった三白眼を、思わず横目で見た。
 
 
「……嘘だ……端っから、お前が目的だ」
 
  
―――もくてき……?
……さっきも……標的って……
 
今度こそアタマん中真っ白になって、背筋が凍った。
「ちょ……」 
見つめてくる眼が、さっきよりもっとマジな感じで……ってか、頭から喰われちまいそうな、迫力―――
「んな……んなこと、急に……アッ」
首筋に噛み付かれた。
驚いたのは、走った痛みと、……背筋の電流。
……なに…?
ピリッとした痺れが、握られた前にまで届いた。
「ンッ…」
仰け反った顎を捕らえられて、今度こそ絶体絶命。
乱暴に舌を入れられて、貪るようなキスが始まった。
後ろ髪に指を突っ込んで、掻き上げて、うなじから後頭部を押さえられた。
反対の手は顎を掬い上げて、いいように唇を開かせる。
……あ、…あッ……くっそ―――
まるでオンナにキスしてるようなシルエットだと、思った。
「ん……んッ…」
逃げられない。舌の熱が、伝染してくる…
こいつのモノになる―――そんなことを、モロに実感させられた気がした。
「……甘い声だな」
「………ッ」
思わず赤面したオレに、同じく頬を紅潮させたカオが嗤って……
紅く湿った舌が、唇の端をなぞっている。
 
雄に捕まった。
 
―――本能がそう感じる、強圧的な眼光……妖しい息遣い。
凄いキスで、クラリとしてる場合じゃない。
……今嗤ってオレを見ている眼は、野獣そのものだ―――
「やだ……イヤだ!」
情けないほど小動物の気分だ、オレは。
「離せ……!」
恐怖が体を動かして、力任せに暴れて、腕を振り解いた。
「おい! 男同士の約束を、破るのか?」
手首を掴み直して、そう凄んできた。
「……男同士のっ、て…」
卑怯くさい台詞、吐きやがって!
…てか、大体ソコが、問題なんだよ! ―――オ…オトコにこんな…!
すぐ済むって……どうする気なんだ。身体が勝手に、震えてしまっている。
「そんな契約、破棄だ! こんなことだったら、了承なんてしなかった!!」
ははっ! とソイツは白い歯を見せて、笑い出した。
「クーリングオフか! 面白いな」
「やめ…何するんだ!?」
オレのはっぴの腰紐を解くと、両手首を束ねて縛られた。
その紐の端を頭上の鉄骨に結び付けて、上から吊される恰好になった。
「”お前を頂く”って、どういう意味だと思ったんだ? 言ってみろ」
揺れるオレを面白そうに眺めながら、口調は厳しい。
「………!!」
薄闇なのが救いだった。オレは完全に、赤面していた。
「まったく判らなかったなら、質問する義務があるだろう? ちょっとでも判ってて知らんフリ決め込もうってなら、確信犯だよな!」
「………………」
オレはもう、言い逃れも抵抗も出来なかった。
商品を取り返したい一心で、浅ましい心が動いたことは、確かだったから。
……でも、こんなのは……ホントに…
手首に食い込む紐を感じながら、拳を握り込んだ。
唇を噛み締めると、それを解くようなキスを、またしてきた。
「!!」
今度の舌は、変に優しい。
宥めるような、様子を見るような動き……それはそれで、嫌で…。
オレはギュッと目をつぶった。
「……そんな、泣きそうなカオすんなよ。…悪いようにはしないぜ」
動きを止めて、じっと見つめてくる。
「………」
なら、やめてくれ……とも言えず、下を向いて首を振るしかなかった。
溜息混じりの、三度目の熱いキス。……コイツ、しつこい……
――― うぁ…しかも、…顎髭……
肌に刺さってきて、嫌でも男とキスしていると実感させられる。
……てか、腰の引き寄せ方、首の抱え方……さっき以上に、まるっきりオンナ扱いだ。
「んん……」
へんなシナを作らされて、身悶えた。
オレだって背は高いし、年相応、年下にも女にも見られたことなんかないのに。
這い回る舌は、動かないオレの舌を優しく巻き上げては吸って。
……時々唇を離しては、薄目でじっとオレのカオ見てるみたいで。そしてまた啄む。
「ん……は……」
翻弄されてしまう。でも応戦なんかしたくもなくて、だだ我慢して呼吸を確保していた。
 
「セージ……」
吐息と銀色の糸……唇が離れる。
見つめ合った微かな瞳の反射の中に、お互いを映した。
「……………」
幔幕の赤と白の段だらが、祭りのネオンをぼんやりと通してくる。
四方から照らされた真ん中で、二人して顔の前に影を作って。
頭上では、踊りながら踏みならす沢山の足音。妙に遠くの方で、太鼓と音楽が聞こえていた。  
「……キスだけでも、いいもんだろ……力、抜いてろよ」
「……………」
「んなカオ、するなっての。……な?」
 
オレは緊張したまま……それでも、言い聞かせるような声と真剣な眼に、じっと男を見返し続けた。 
「……ガキ共が入ってきたら、俺も困るからな」
ちょっと照れたように笑うと
「俺、ダイゴってんだ。大きい吾われって書いて、大吾。よろしくな、セージ」
そう言いながら、はっぴの中に手を差し込んできた。
「あ……ちょッ…!」
ナニを言われたって、覚悟なんか出来ないオレは、焦り度マックスになった。
いきなりの感覚に、肌が粟立つ。
「はっぴの下は、何も着てねーんだな。ヤラシイ」
下って言ったって、アンダーシャツのことだ。トランクスとハーフパンツは穿いている。
こんなの、祭り男なら、当然の格好だ。
「綺麗な胸だな」
「…………!」
「すね毛も生えて無いもんな。体毛が薄くて、スゲー綺麗…」
日焼けしてもすぐ冷めてしまうオレの肌は、ワイルド系のコイツに比べたら、”綺麗”な部類かも知れない。
でも、なんともヤラシイ言い回しと目線に、喜ぶどころじゃない。
大吾は、ジロジロはだけた胸を視姦しながら、捲り上げたはっぴの裾を、背中の鉄骨に結び付けてしまった。
これでオレは、手首を上から吊され、肩の下で鉄骨に固定される形になった。
「あ……クッ!」
剥き出しになった乳首を、熱い舌が舐めてきた。
またしてもいきなりの感触に、思いっきり声が出てしまった。
――― クッソー!!
揺れる身体を、デカい掌が脇下でガッチリ押さえてくる。
濡れた舌が這い回り、鎖骨や首筋まで舐め上げられた。
「う…うあ…やめろ…! イヤだッ!」
ぞわぞわと体中に怖気が走って、蕁麻疹が出そうだった。
「セージ……ガキ共から金巻き上げながらセコイ事やって、男同士の口約束も守れなくて……いい加減、恥ずかしくならないか?」
「――――!!」
静かに非難されて、オレは、何度目か判らない息を、また呑んだ。
セコイこと……それを言われると、良心が痛むんだ。
少しは残ってる、ちっぽけなカケラだけど。
 
――― こいつは、ズルイ。
約束だとか、契約だとか……そこら辺は、とんだインチキだと思う。
でもわかってて乗ったオレの、やましい心を突いてくる。
夢だ屋台だって言ったって、結局子供相手の金儲けなんだって、割り切ってしまったオレを責める。
  
 
「――――――」 
落ち込んで目を伏せた頬を、大きい手が包んで、上を向かせた。 
「…………」
「セージ、……いいから今は、俺との約束を守れ」
 
オレは……小さく頷いた。
悔しいし、すっごい嫌だけど。
負けたのは、オレなんだ。
 
「う………」
大きな手が、本格的に動き出した。
胸は当然のように、そして下へも伸びていく。
ハーパンを引き下げられ、トランクスの上から、扱かれた。
「………く……うッ」
「もっと、力を抜けよ」
乳首への刺激で、情け無くもオレのそれは下着の中で、しっかりと大きくなっていた。
布の上からでも、凄い刺激で。ビンビンと腰に響いて、どんどん硬くなった。
「……あ」
トランクスのゴムに手が掛かって、怯えた。
こんな状態を、間近で直視されるなんて―――!
「……ダイゴッ…」
「――――――」
「ゴメン……ダイゴ……無責任に約束したこと、謝るよ!……だから、それ以上は…」
必死に謝っても、チラリと目線を上げるだけだ。
大吾の手は、オレの窮屈にしていたそれを、解放した。
勢いよく下げられたトランクスの中から飛び出して、ヘソまで跳ね上がる。
「ダラダラじゃんよ」
「み…見るなよ!」
恥ずかしくて、みっともなくて、片膝を上げて隠そうとした。
「………アッ!!」
…うあぁ………熱い!
いきなりしゃがみ込んだ大吾が、オレの勃起を口に含んだ。
腰を力ずくで押さえて、唇の中に吸い込んでいく。
……柔らかくて熱い粘膜……
感情を飛び越えて、とにかく気持ちいい。
「うっ……ん……ん」
舌先が先端を掠めるたび、刺激で体中が痺れる。
反対の手が胸に伸びて、乳首を摘み出した。酷いと爪を立てて、尖りを引っ掻く。
――― 痛ッ…!
腰と連動して、背中に快感が走る。
そして極めつけ……ゾクリと走った痺れの終点を捕らえるように、尻の割れ目を指が滑っていく。
「ちょッ……うっ……ん」
中心に中指が辿り着いた。強弱を付けながら、小刻みに窪みを揺する。
「ん、ん、ん……ん」
それは激しく、嫌悪感を掻き立てた。胸が悪くなりそうだ。
「や…ヤダ……嫌だ!」
「往生際が悪いな」
立ち上がると、オレのハチマキを解いて、口に突っ込こんできた。
「……ングッ」
不覚にもその時、涙目になっていたのを、見られた。
「泣くなっての。……怖くねえよ」
流れ落ちたオレの前髪を後ろに掻き上げて、まじまじと、見つめ直して。
そんな言葉遣いが、すごく悔しい。
オレは良くしてほしくも、オンナ扱いも、頼んでなんかいやしないんだ。
「ん~……」
それなのに、頬に首筋にとキスを落とされながら……
打って変わった優しい愛撫に、身体が震えてしまった。
親指の腹が、さっき痛くした乳首をかすめる。
前の方にも指が動いた。濡れそぼっている先端を、手の平で擦り上げられた。
「アッ……」
亀頭攻めに、腰が揺れてしまう。がっしりとした腕に引き寄せられて、股間同士を密着された。
オレに押し付けてくる大吾のソコは、スラックス越しでも、とてつもなく熱くて硬かった。
「んんっ」
悲鳴を上げたオレに、ニヤリと笑う。
「もちろん、コレを挿れるんだ」
また尻を弄りだした。今度は指が濡れている。ぬぷりと音を立てて、中に入ってきた。
「ヒッ……んんんーーーッ!!」
容赦のない奧までの挿入に、全身が拒否反応を起こした。当然だ!
「静かにしてろ。気付かれるぞ」
「―――――ッ!」
今度こそ涙を流して、オレは目線で抵抗した。
……悲しいんじゃない。痛いからでもない。
あんな賭けに負けたからって、こんな無防備なところを……。
自分でも知らなかった羞恥を、暴かれたような……惨めで情け無い気分だ。
プライドが、蹂躙されていく。……そのやり切れなさが、勝手に形になっていた。
「……くっ…」
―――出し入れされる感触は、最悪の罰ゲームだ。 
 
「セージ…好きだ」
  
大吾は涙をキスで掬いながら、そんなこと言い出しやがった。
「…………ッ!」
睨み続けていた目に、憎悪を込めた。
そんな言葉で、絆されるとでも思ってんのか? ……フォローにも慰めにも、なりゃしない。
オレはこんな初対面のヤツ、触れられるのも嫌なのに!
指での屈辱に耐えて、身体を硬直させていると、片膝を掬われた。
「………!」
オレの身体はもう、立っているというより、ぶら下がった状態だった。
「挿れるぞ」
先端があてがわれた。
「うぅぅ…!」
熱く滑ったそれは、ウナギかウツボか。前に進むことしか出来ない罠に掛かったように、狭い穴をがむしゃらに前進してきた。
「アッ…アッ…!」
余りに、激しい。オレの中は、押して開かれて、刺激を受け続けた。
「んん~ッ! ………んッ…」
何が”よくしてやる”だよ! 欲望だけ押し付けやがって!
呻りながら、涙が止まらない。悔しいのと、後悔だ。 
――― あんな挑発に乗らなけりゃ……
――― 違う……オレが、あざといこと考えてなけりゃ……
「うッ……ゥウッ…」
続く呻きに、大吾が興奮した顔を寄せてきた。
「征二…去年はそんなんじゃ、なかっただろ?」
 
……え?
 
目を瞠ったオレに、悲しげな眼を向ける。
「俺、去年も客だったんだぜ。お前、ガキにパンパン撃たれて、困り笑いで」
「―――――!」
「そのカオに、惚れたんだがなぁ」
「………………」
一瞬、打ち付けられる痛みも嫌悪感も、消えた。
――― 去年の屈辱……ソレを思い出していた。
 
何の捻りもなく、バカ正直に作った棚や店その物が、まったく子供達には良い遊び場になってしまった。
あっという間に、ぱかすか撃たれて倒されて。
あいつらに全部商品を持って行かれたのが、悔しいんじゃない。
商売としては成功だったんだ。ぎりぎりだって、赤字では無かったんだから。
なのに振興組合に、ケチ付けられたんだ。あの後。
『慈善事業じゃないんだ。ただで配るような屋台なら、辞めてくれないか』
『子供の遊びと勘違いしてて、困るね』
ってなイヤミを、上から目線で、ねちねち言われて。
上がりが%で組合に流れるから、多けれりゃ多いほどいいってのが実情だった。
 
オレは子供達が楽しそうなのが、嬉しかった。
オレ自身が楽しかった時を、思い出して。
―― 当時から、本当は世知辛かったのか。……それとも今が、変わってしまったのか…。
判らないけど、悔しくて。
こんな小さな町祭りでは終わらない。いつかあの、デッカイ夏祭りに出るんだ。
………その夢は、捨てられなかった。
愚かにも、オレの取った行動は「大人の意地」だった。
今年も出るには、売り上げ向上の約束とハッタリ。
『もっと稼げってんなら、やってやろうジャン!』
振興組合への意地だったのに。……そのために、子供達を欺いたんだ。
 
「……征二?」
「……ンッ」
痛みと現実が戻ってきた。
静かに流れる涙に、大吾も眉を寄せたままだ。
腰を振りながらも、、ハチマキをオレの口から外した。
 
「………オレ…」
何か言おうとして、嗚咽に変わりそうになった。
「4回目から、100円」
笑いながら言う大吾の声に、視線を上げた。
「ホントは、それもナシなんじゃないか?」
「………うん。……でも」
なけなしの小銭を小さな手に握って。何度も並ぶんだ。オレの意地悪にトライしてくるから……
「ホントは3回目からに、してやりたかった…」
またキスで口を塞がれた。
「ん……んッ…!」
突き上げる衝動は変わらない。熱い塊が、オレを無視して出入りする。
 
「すまん……俺も、卑怯だったな」
 大吾は、悪質なゲームの事を謝りだした。
「何、偉そうなこと言ったって、お前をこうしたかった」
「んっ…!」
高まる吐息で一層奧を突かれて、何かが痺れた。痛い中に生まれた感覚。
「ダイ……オレ…やだ…」
恐い。何がどうなってしまうのか。
「あッ、…あぁ……!」
オレが呼んだとたん、中で大きくなるのが判った。硬さも増す。刺激が強くなる。
 
「征二、力抜け。…俺に委ねろ」
「……あ、……んあぁッ…」
 
大吾の方が腰の位置も高かった。無理して屈んでいたのを、膝を伸ばして立ち上がった。
オレの両膝を、外側に開いて抱えて。
「アッ!」
手首で吊されてるオレは、自分の体重で、奧まで飲み込むハメになった。
「こっ……これ……」
いわゆる駅弁スタイルじゃないか! こんな格好、冗談じゃないっての!
ズッチュズッチュと、厭らしい音が響く。
誰か幕を上げて入って来やしないか、気が気じゃない。
「大吾……降ろせ!」
藻掻いても、自分の力じゃどうしようもなかった。
「うッ………ううッ!」
熱い塊で内蔵を掻き回されて、突かれて。
その奧で燻ってくる、変な感覚がある。
 
「あ……変……オレ…どうしよう……」
見つめた先に、興奮した大吾の顔。……彫りの深い二重も、オレを見ていた。
その眼の色に”雄”をまた感じた。……でも今度は、嫌悪しなかった。
額に汗を光らせながら、ニヤリと笑う。
「征二……恐くないから、俺にまかせろ」
さっきと同じ様なことを言って、激しく腰を揺すぶりだした。
「ア……アァ…!!」
舌も入ってきて、喘ぎを消した。口の端から、ミックスされた唾液が流れていく。
鼻息も、汗も、すごく厭らしくて、興奮した。
「力、抜けって……」 
「う…うん……んぁああッ……!」
言われた通り身体を任せた途端、後ろが楽になった。
擦れる痛みより、突かれる疼きが強くなって……
 
「ヤバ……ヤバイよ……ダイゴ…」
「どうした?」
額に汗を光らせて、オレを穿ち続けながら…
恍惚に浸っていた目が、真剣にオレを見る。一年前から、見てたって眼で。
 
 
「ヤバイ……」
 
 
イキそう…
ソレもあるけど。
……射抜かれたかも。射的の名手に、心と身体を……
 
でも快感と絶頂で、もうロレツが回らない。
「んッ……ダメ…、オレ、もう…」
「征二……セージ…ッ!」
「ヤバ……ヤバッ……クッ、んぁああッ!」
喘ぎを堪えて、二人で同時にイッていた。
オレの中に、大吾の放出を感じる。大量に注入されるのが判った。
「は……ヤラシ……やばすぎ…ダイゴ」
それを聞いて、オレの中でまだ熱く脈打ちながら、この男も笑った。
「お前はセクシーすぎ…」
 
――― はぁ!? ………それは、納得いかない!
「なんだソレ、降ろせ!」
その表現に腹が立って、暴れた。辛いの、散々我慢してたんだ! 
自分だけ漢でございってフェロモン、ムンムンに発して!
 
 
 
総てを解かれて、地面に寝そべったオレに、大吾が再度笑った。
「契約終了な。……改めて、俺と付き合ってくれないか?」
「………」
見上げると、乱れた腰元は既にきちんとしてて、オレだけあられない格好……。
「……やだ」
ぷいと横を向いて、拗ねた。
「なんでだ?」
オレの腰の上に跨ると、正面から覗き込んできた。
……相変わらずの三白眼で睨んでくるけど。ちょっと、戸惑いが見えた気がした。
………何にも、わかっちゃいないんだな。
反対側に首をねじ曲げて、ヤツから逃げて、言ってやった。
「……オレだけ、オンナ扱い」
―― っていうのか……
素のオレを見てくれて、それがイイってんなら。
大吾とは、対等でいたいって、思ったんだ。
これから、いっぱい相談したいことがあった。
  
子供の気持ちのまま、大人がやることやっても、それは遊びの延長でしかないのか?
食えるほど稼ぐには、確かに駆け引きは必要だけど……
でも、嫌な大人になれってんなら、オレ…ヤダ。
そしたら、屋台は続けられないんだな。
……そういうこと、たくさん。
オレの声に真剣になるこの眼は、きっと聞いてくれると思うから……
 
「……征二?」
「…………」
どっちを向いても付いてくる顔に、根負けした…フリをした。
首をそっぽ向けたまま、目線だけ合わせて。
「働く男としての、オレの言葉、聞いてくれるなら……いいよ」 
 
「うん」
 
子供みたいな嬉しそうな顔して、にっこり笑い返された。
……あ、ヤバイかも。
―――また、射抜かれてしまった。
 
 
 
 
 
 
「そうと決まったら、拡張だな~!」
「…え!?」 
 
オレの膝を強引に押し広げて、かっぱりと開脚させた。
「お前の、狭すぎるって! あれ挿れておこうぜ♪」
嬉しそうにオレのソコを覗き込みながら、撫で上げて。今日の戦利品の一つを、スーツカバンから取り出してきた。
 
「…………!!!」
 
オレは髪の毛を全部逆立てる思いで、絶対拒否をした。
それは、文字通りのコケシ…。
丸いフォルムで低い重心ってのが、撃ち倒しづらくて、いいんだ。 
ミニサイズだけど、ちゃんとした木材を使っていて、結構重量感はある。
「やだ!」
「ダメだ」
「横暴!」
「対等がいいんだろ? いちいち腫れ物に触る様なのは、嫌だろ?」
「…………!!!」
 
真夏の夜に突然現れた、台風男。 
こいつには、言葉も、行動も…何一つ勝てやしない。
「お前を落とすために、射的を研究した」
なんてマジに言われて………オレはまた、射抜かれてたりして。 
 
「力、抜け…」
「ん……」
押さえ付けられて、結局ソレを挿れられた。
抱き締めてくる汗くさい匂いに、くらくらする。
……そのままでいろって言われたって。
……挿れたまま屋台を続けろって、言われたって。
 
「明日の商品があるなら、今日はまだやれよ」
「ええー! このまま?」
「店終いにゃ、早すぎるよな。せっかくの祭りだってのに」
 
―――誰のせいだよ……!
 
絶対出来ないって思ったのに。……出来ないのは、拒否だった。
  
 
 
 
「……ダイゴ」
オレは、ことある毎に、縋る目を向けてしまう。
頬が不自然に紅いだろう。
吐く息が、夏とは言え、熱すぎるだろう。
 
面白そうに遠くから眺めている大吾を、睨み付けているのに。
身体全体に、力が入らないよ。
……あそこが、もの凄く疼いてて。
  
 
取り敢えずオレは、子供達に笑いかけた。
オレが楽しかったこと、思い出しながら。
「教えてやるから、よく見ておけ」
「うん、今度はいっぱい撃つよぉ!」
顔をくっつけるようにして、チビ達はオレの真似をして、構えてみる。
『自然体でいろよ』
それだけ言ってくれたから。
子供達相手に稼ごうって思うから、辛いんだ。
駆け引きして。
勝つか負けるかなんだ。
だから手に入れた勝利の品は、重みがあるんだった。
忘れてたその感動を思い出させてくれた、大吾には感謝だけど……
 
その重み、直接身体の中で感じなくていいのに。
腰を屈めるたび、刺激が来る。
さっきの熱い快感が蘇って、爆発寸前だ。
 
 
―――別れてやる…とか、一瞬考えてしまいそうなこの状態……
 
 
……そうなる前に、何とかしてくれ。
見つめた視線の先には、相変わらず嬉しそうにオレを眺めるヤツの顔。
差し入れに買ってきたかき氷は、自分だけとっくに食い終わってる。
オレのは、無惨にも射的台の端で、ピンク色の水たまりを作っていた。
手なんか、ヒラヒラ振りやがって。
オレは無視して、そっぽ向いてやった……けど。
 
 
……もしかして、これって、幸せなのか………?
一人じゃないって、安心感。
矛盾や不安を抱え込んで、独りで闘ってた。 
自分を嫌いになって、夢さえ手放すかもしれなかったんだ、オレ……。
 
 
 
「やったな、坊主!」
目を潤ませながら小さな紅葉の手を広げてるそこに、ちっこいゴム人形を置いてやった。
 
「ありがとー、おじちゃん!」
「………☆」
 
 
―――前言撤回!
腹抱えて大爆笑している大吾を、今度こそ睨み付けた。
 
 
 
 
-END-

 
 
NEXT-File長編SS短中編