1. 
 
「頼む! 今回だけでいいから!」
「無理だって! 演技なんかできないよ」
「大した役じゃないから、心配すんな」
 
高校2年に上がって、仲良くなった加藤公貴(かとうきみたか)
こいつは映画研究部の、役者兼カメラ担当……自他共に認めてる、カメラオタクだった。
カメラったって、今時のデジタルではなく、昔懐かしの8ミリ!
部活の予算が無くて、機材の買い直しが出来ないまま、今に至るらしい。
「でも、今となってはこっちの方が高いんだよな。フィルム代と現像代が半端ない!」
嬉しそうに、聞いてもいない僕にずっとしゃべってるんだ。 
今は、文化祭の発表に向けて夏合宿をするから、参加してほしいと口説かれていた。
どうせ僕は何の部活動もしてなくて、ヒマだけどね。
「頼む、須崎(すさき)!」
細眼鏡に短髪の加藤は、一見お堅いインテリに見える。
実際そうなんだけど。プラス、変人だった。
「ヤ〜ダ〜」
素っ気ない返事を繰り返しながら帰り支度をしていると、急に教室内の空気がざわついた。
放課後の終了チャイムが鳴ったばかりで、まだ半分くらいは生徒が残っていた。
「……え、何?」
見ると前の入口に、映研の先輩二人が立っていた。
――うわ……
180pを越える二人は、それだけで目を引く上に、ルックスが半端なくイイ!!
映研の看板スター(8ミリを愛している加藤は、そんな古くさい言い方をする)と言うだけある。
この二人のおかげで、女子部員には困らないけれど、反対に男が、入ってこないらしい。
それで、僕に友情出演してくれと言うのだった。
みんなが扇状に入口の様子を伺う中、
「部長、副部長!」
加藤が嬉しそうに、そっちにすっ飛んでいった。
「どう? 落とせた?」
部長と呼ばれた板谷(いたや)先輩が、加藤に笑いかけた。
「ダメです。……あいつ、頑固で」
「……………」
加藤が振り向いて、三人の六つの目が僕に集中した。
 
―――これは…卑怯だろ……。
 
冷たい汗が、僕の背中を流れた。
「リオちゃん」
佐倉(さくら)先輩が、にっこり微笑みながら手招きをした。
副部長の佐倉先輩は、板谷先輩とは好対照で、すっごい美人顔だ。
「………ハイ」
加藤に付き合って、時々部室に行っていたから、すっかり顔を覚えられていた。
僕は、もう顔が真っ赤で…
―――うわぁ…恥ずかしいなぁ
そこにいる全員の注目の的になりながら、ふらふら近づいて行った。
 
「今回だけでいいから。僕らの卒業制作も兼ねてるし」
「理央……」
じっと二人の先輩から見下ろされたら、僕はもう首を横に振れる筈がなかった。
二人の放つオーラには、華やかで魅惑的な雰囲気の裏に、強烈な圧迫感が込められていた。
 
「卑怯モン! 卑怯モンッ!!」
加藤の後ろ頭をぽかぽか殴りながら、帰り道を歩いていた。
「頼んでねーよ、来てくれたんだ!」
右手で振り払いながらも、その顔は嬉しそうにニヤけていた。
「他に出演を頼めるの、いなかったからマジ助かった!」
「……どうせヒマ人だよ」
まあ、そんなに喜んでくれんなら、悪い気はしないけど。
「須崎も、趣味もてよ。ヒマ持て余してんのもったいないだろ」
「……趣味ィ〜? ……どんな?」
唐突な加藤の言葉に、ちょっとグサッときて、睨み上げた。
ここ最近、ヒマ人=無趣味=つまらない人間、という被害妄想を抱えている僕だった。
「もちろん8ミリ」
煌めかせた眼鏡の奧から、にやりと見下ろしてきた。
 
………無視、無視。
 
「……演技は、期待しないでよ」
「ああ、平気、平気。ちょこっとしか出番無いから。声は後からアフレコで他の子が当てるし」
「え!? そうなの?」
「……須崎……どんだけ、映研見に来てんだよ」
そんなことも知らないのかという顔で、眼鏡の端を指で押し上げながら睨んでくる。
「活動内容なんか、毎回毎回見てられっか!」
僕が見てるのは、美咲姫(みさきひめ)と呼ばれてる菊水(きくすい)先輩。
板谷先輩の彼女らしいけど…眺めてるだけで、嬉しくなる。
真っ黒のつやつやストレートが腰ぐらいまである。すっごい美人なんだ。
「でも、声って? まさか、加藤が僕の声……」
加藤の声は、低くて渋い。
「アホか。女の子で、ぴったりのがいるよ。おまえの顔なら、あの子で充分だ」
「………へえ」
なんせ、女の子には事欠かないクラブだ。専属声優みたいなポジションの子、役者、反射板・照明などの小物持ち、マイク、タイムキーパー。
いろいろ、みんな女の子がやっているらしい。
ちなみに菊水先輩は、会計兼スクリプター(撮影時の記録係みたいな役職らしい)。
いつも切りつめた部費の中から、僕にまで差し入れを用意してくれるんだ。
 
 
そんなウヤムヤかつ、テキトーに引き受けた山奥での合宿参加だったけど……
始まってみると、もの凄いハードだった。
なんと言っても、予算がない。
失敗だの、取り直しだのが後で出来ないと言うことで、無駄撮りも含めて、もの凄いカット数を短時間でこなしていく。
「板谷! …立ち位置、そこじゃダメだ!」
部長も副部長もない。普段の佐倉先輩とは思えないほど、大きな声で注文を出していた。
「佐倉! もっと大きくリアクションしろよ! どこを見てんのか、わかんねぇだろ!」
板谷先輩も遠慮がない。他の女の子達にも…もちろん美咲姫にも、厳しい言葉が次々に飛んでいた。
そんでもって驚いたのは、台本が撮影と同時進行と言うことだった。
「えっ、出来上がってんじゃ、ないの!?」
「概ねな。本筋は変わらないよ。あとは現場に合わせて、臨機応変。先輩たちのこだわりのせいで、5分に1回は修正が入ってる。セリフもその度に、微妙に違うよ」
そう言って苦笑いする加藤も、先輩たちに食い付いていた。
「そのアングルだと全部入りません! あっちからパーンして、ズームさせないと、わかんないですよ!」
鬱蒼とした木々が茂る山中の一角。
ベンチと丸太作りの屋根があるだけの、ちょっとだけ開けた空間。
そこを中心に、女の子達がこまこま動く中……
絵コンテとシナリオを囲んで、真剣に意見を交わし合っている、先輩二人と加藤の姿。
そして横でそれを見守る美咲姫……
それは……それだけで映画のワンシーンみたいだった。
 
 
「凄いな、加藤」
僕は夕飯を食べながら、少し見直す気分で言っていた。
「実際の映像は、ファインダに映るものが全てなんだ。覗いてるヤツにしか気が付かないことが沢山ある。カメラマンは、それを伝える責任を背負ってる」
真剣な顔をして、こともなげに返された。
「……………」
僕は箸を咥えながら、その横顔を眺めるばかりだった。
「……なんだよ?」
顔を赤くして、眼鏡の奧からじろりと睨んできた。
「……んにゃ…別に」
改めて、すごいな…加藤って。
なんか悔しくて、褒めてやるのはヤメにした。
 
「……イタヤ!」
佐倉先輩が食堂の入り口から、板谷先輩を呼んだ。
その視線を追うと、「おう!」と快活に応えて席を立つ先輩の横顔。
自信に満ちてて、キラキラしてる。
僕は思わず、目を細めた。
 
「どうした?」
隣の加藤が、顔を斜めに、覗き込んできた。
「……カッコイイね、板谷先輩」
「………」
「仲いいなあ。あの二人!」
溜息交じりに、ぱたんと箸と茶碗をテーブルに置いた。
「…羨ましいんか?」
「……うーん…そんなんじゃなくてさ……」
コレってものに打ち込んで、まっしぐらにそれをやり遂げようとしてる。
それを共有できる仲間がいる。
それがカッコイイんだ。
―――僕には…打ち込めるものなんて、ないから。
……やっぱ、羨ましいのかな。
 
「……ああいうのを、親友っていうんだよなぁ」
 
 
 
   
「えーっ! 加藤と一緒じゃ、ないんですか!?」
「ああ。公貴には、夜っ引いてやってもらわなきゃいけない、作業があるからな」
「んで、男部屋は僕たちの部屋しかないから」
にっこり佐倉先輩も、美しく笑う。
ミーティングが終わって、いざ寝る段になって僕は慌てていた。
ゲストの僕は、例によって予算の都合上、人数に入っていなかったのだ。
安い自炊式の合宿屋。全室畳敷きという、古い作りで。
先輩たちの布団を二客くっつけて、その間で僕を寝させるって言うんだ!
「む……無理です! 間に寝るなんて」
「やっぱ、背中が痛いよね。じゃあ僕が真ん中でもいいよ」
「さ…佐倉先輩! …そんな!」
―――そういう問題じゃないって! それに…先輩を真ん中に寝させるなんて、出来るわけないじゃん!
先輩たちの肩までしかない僕は、必死に見上げていた顔を、最後は泣きっ面にした。
 
 
 
―――というわけで。
   
……ななな ……なんだ、この状況!?
 
女の子達が、悲鳴を上げて卒倒しそうな構図だった。
ぴったりくっついた布団に、先輩たちが並んで寝てる。
それだけでも見物なのに、その間に、ちんまい僕が挟まって川の字を作ってるなんて。
しかも二人は示し合わせたように、カッコイイ寝間着姿だった。帯の締め方がさすが様になってる! 
…で、僕だけパジャマで、情けないほどお子様もいいとこだった。
……場違い感と、やっぱ邪魔なんじゃという申し訳なさで……ちょっと…逃げ出したい。
 
「……なんか…スミマセン」
幸い夏だから、分厚い掛け布団は必要ない。
山奥の心地よい涼しさの中、掛布は薄いぺらぺらの綿布団で間に合っていた。
合わさった掛布の下で半分顔を隠しながら、板谷先輩を見上げた。
「俺らこそ、スマンな」
板谷先輩が、カッコイイ顔をこっちに向けた。
――ひゃぁ、近い!
茶色く染めた前髪が、幾つかの束になって眉や目に掛かっている。
その隙間から力強く切れ上がった二重が僕を見た。
「と……とんでもないです!」
目のやり場に困った僕は、慌てて佐倉先輩に視線を移した。
「ホントにごめんね。窮屈でしょ」
――こっちも、近い!
真っ黒な髪が、形の良い頬を隠していて、これまた真っ黒な濡れたような瞳を、長い睫が取り巻いている。
「…………っ」
もう、何にも言えなくて、僕は顔も頭も全部布団に突っ込んだ。
真っ赤になった顔を隠したかったんだ。
心臓もドキドキ。こんな近いと、聞こえてしまいそうだった。
僕は途方に暮れた。 
……寝れるかなあ。
 
でも、そんな心配も時間が解決だった。
もともと寝付きのいい僕は、すぐ寝てしまった。
 
でも、寝付いてしまう前に、一つだけ聞きたかったことを質問出来た。
「先輩たちは…始めっから8ミリが好きで、ご自分で入部したんですか?」
「――――」 
僕の頭の上で、二人が視線を交わし合ったような気配があった。
「板谷がね、すっごい映画野郎で…」
佐倉先輩が、軽く笑った。
「僕がそれに、引きずられたわけ」
「でも、今じゃコイツも立派な、助監督野郎だよな」
板谷先輩も、笑う。
「………いいなぁ」
お互いを認め合ったような空気が、羨ましかった。
 
 
 
次の日は、早朝からたたき起こされて、早速撮影だった。
それに関係しない子達が、ご飯を作る係に回る。
何も仕事のない僕は、なんとも申し訳ない気分になってしまった。
うろうろしてたら、小道具を作っている女の子を見付けた。
その手元を見て、ギョギョギョ!!!!
……コ…コンドーム!?
「コレに血糊を詰めて、火薬で爆発させるんですぅ」
恥ずかしそうに顔を赤らめながらも、慣れた手つきで、そのフィルムを開けて、中のモノを摘み出していた。
―――ひゃーーーっっっ!!
真っ赤になって、加藤の所へ逃げた。
「須崎は、絵コンテとか見ててくれればいいから」
加藤は笑って、それら一式をどっさり渡してくれた。
―――これはこれで困る。こんなもん、見たって、わかんないのに!
 
 
「理央、もっと口開いて喋って。あと、倍ぐらいゆっくり!」
………えぇ〜、そんなにゆっくり?
「あ、須崎! 今カメラ見たろ! 目線こっちは、絶対ダメだ!」
………カメラの下にいる子を見ただけなのに〜
でも、フォローもしっかり入れてくれる。
「理央、今お前なりに演技したんだろ? いいぞ、その調子だ!」
………僕は真っ赤になって、俯いてしまう。
「リオちゃん、もっと大胆に腰曲げて、体を乗り出して!」
………えええ! これよりもっと!? ……それは大げさすぎると思うよ!?
 
 
”ちょこっと出演”のはずの僕が、一番、撮り直しをした気がする。
恐縮もひとしおだった。
 

NEXT / 長編SS短中編