ベランダの鍵貸します
 

 
「…………」
それでも、目の前で無邪気に笑う郡司の顔を見て、安心していた。
(そう言えば、こんな笑顔を見たことは、なかったなあ)
タイミングが悪くて、覗くな! と怒られてばかりだった。
 
「そうだ」
その笑顔が、急に真っ正面に見下ろしてきたので、名雪はドキッとしてしまった。
右手で前髪を掻き上げながら、自分を見つめてくる郡司。
右側に少し傾げる顎と首のラインが、妙に艶めかしい。
(うわ……セクシー……)
目を薄目にして視線を寄越す仕草が色っぽくて、まともに目が合わせられない。  
 
「明日、一日付き合えよ。女将には言ってやるから」
 
「――――!!」
その一言で、名雪の気持ちはいっぺんに冷えてしまった。
 
「勝手なことを、言わないでください!」
 
急に改まった声で怒り出した名雪に、郡司が怪訝な顔をした。
姿勢を正して睨み付けてくる名雪を、見下ろす。
いつも丁寧な言葉を使ってはいるが、今の名雪には他人と話すような仰々しさがあった。
「おまえ……さっきからさ、何、そのしゃべり方」
「郡司さんが、オーナー面するからです!」
この温泉旅館の躾は厳しく、目上の者には徹底的に礼を尽くすように教育されていた。
「それに、今一番忙しい時期なんですよ。だから僕みたいなのでも、雇って下さってるのに」
ますます名雪は、郡司を睨み付けた。
「女将さんに、そんな迷惑はかけられません!!」
「――――!」
働いたことのない郡司は、驚いて言葉が返せなかった。
自分の言葉が、拒否されたことに。
そして、その道理が通っていることと、名雪の仕事に対する姿勢に。
 
軽く言ったつもりだった。
いつもはそれで、周りが勝手に動いていたから。
名雪も、自分が言えば当然「はい」と言うと思っていた。
それだけ、”郡司”の名は威力がある筈なのだ。
自分の仕事の為に、郡司を叱りつけたのは、名雪が初めてだった。
「…………そうか、それはそうだな。……すまん」
すぐに謝る郡司に、名雪も怒りは持続しなかった。
(……さっきも、そうだ)
風呂場でも、すぐに謝ってきた。
(この人って……)
すぐに怒鳴ってしまう自分に後悔した。
しゅんとして、布団にへたりこんだまま、郡司を見上げた。
郡司はその様子を見て、また笑い出した。
(お座りとお預け状態の、ジャスティだな!)
「…………ぐんじさん〜?」
「いや、すまん」
笑いながら、名雪を見つめると、しゃがみ込んだ。
「……この間も、すまなかった」
同じ目線にいきなり降りてきた整った顔に、名雪の心臓はまたドキッと飛び跳ねた。
「まだあの庭、使うなら、使っていいから」
「…………はい…僕こそ……」
ごめんなさい――と、続けられなかった。
自分に向けられた優しい笑顔に、心臓は早鐘を打ち鳴らしはじめる。
(僕……なんで、こんなにドキドキしてんだよう)
戸惑って、下を向いてしまった。
「おい、名雪!?」
郡司は、また名雪が湯当たりを再発したのかと思って、二の腕を掴んで抱え起こした。
「…………あッ」
不意の衝撃に、バランスを崩した。
「――え!?」
 
二人して布団の上に倒れ込んでしまった。
名雪の浴衣の裾がはだけて、太股が付け根まで露わになった。
(うっ…うわっ! ………うわぁっ!!) 
名雪は慌てて、足を閉じようと藻掻いた。
「――すまんっ!」
郡司も、跨ってしまった身体を退かそうと、必死に起きあがった。
そして、名雪の露わな格好が目に飛び込んできて、なおさら焦った。
(なんだ、こいつ――!?)
浴衣の襟元も左半分がはだけ、肘まで捲れ上がっている。
剥き出しの肩や脇、胸のラインがものすごく色っぽい。
腰の帯が緩くて、辛うじて腰の前で合わさっているだけの浴衣。
そこから伸びた白い足が、散々付き合ってきた女の脚より、遙かに艶めかしく見えた。
視線は、胸の桜色の部分から下に降りて、足の付け根に釘付けになってしまった。
見えそうで見えない、その秘部の奧は……
さっきは丸見えで、相当泡を食ったけれど、この見えそうで見えない方が、視線が離せなくなった。
 
「………ぐんじさん?」
怯えた目が、動かなくなった郡司を覗き込んできた。
「……!!」
その声で我に返った郡司は、真っ赤になって仰け反った。今度こそちゃんとその身体を退けた。
「……悪かった」
あらぬ妄想に自分で対処出来ず、もう目を合わせられない。
「いえ……僕こそ、すみません……」
乱れた浴衣を直しながら、名雪も顔が真っ赤だった。
「女将さんに叱られますので、僕、おいとまします」
「……ああ」
 
ドキドキ、ドキドキ……
聞こえてしまうんじゃないかと、心配になるような心臓の音を、それぞれが持て余していた。
 
次の日に、郡司だけ先に帰って行った。
名雪は契約終了日までそこで働いて、大学の新学期が始まる頃、アパートに戻った。 
 
 
 
 
 
 
(どうしよう……)
名雪はあれっきり、郡司を思い出すと心臓が鳴り出して困っていた。
(恥ずかしいなあ)
でも、背に腹は変えられない。コインランドリーの浪費を考えると、恥は掻き捨てだ! と、勇気を奮うしかなかった。
平常心を装って、以前の通りに洗濯物を干しに行った。
でも、もう目線を窓に向ける気は無くなっていた。
 
部屋の中では、また庭を使い出した名雪に安心した郡司が、同じように観察をし出していた。
(……あれ…)
もう、ちらりともこっちを見ない名雪。
(…………)
ずっと見ていても、一度も視線は飛んでこなかった。
何故か、寂しく感じる自分がいる。
(そりゃ、覗くなって言ったのは、俺だけど……)
何か、物足りない気がしていた。
もう洗濯物が全て干し終わってしまう。
帰ってしまいそうな気配を感じて、郡司は慌てて、ガラス窓を開けた。
「名雪……」
不意に呼ばれた名雪は、驚いて振り返った。
郡司がいるとは思わなくて、余計びっくりしていた。
頭の中はまさに、その人のことだらけで……。
 
「…………」
郡司は、振り返った名雪の顔に見惚れてしまった。
呼びかけたはいいけれど、それ以上言葉が続けられない。
 
紅い頬と唇。耳まで真っ赤にして……
困ったように寄せられた眉。
優しく垂れた両目は潤んで、見開かれている。
 
  
温泉宿での横たわった裸体と、着崩れた姿が思い返されて、腰が熱くなった。
(――――!?)
自分の身体の反応に、戸惑った。
 
「なん……ですか?」
恐る恐る、名雪が聞いてくる。
 
「あ……いや。……終わったんなら、中で珈琲でもどうだ?」
辛うじて平静を装い、室内に招いた。
「…………」
名雪は、用心した顔で入ってきた。
 
初めて室内で会う二人だった。
名雪は広いリビングの奧に通されて、物珍しげに、きょろきょろと周りを見回し続ける。
その仕草が可愛くて、また郡司は笑い出した。
「……また、犬と一緒にしてる!」
勝手に怒り出した名雪は、何かを思い出したように黙り込んだ。
「……名雪?」
「名前で思い出したけど。……郡司さんて、苗字だったんですね」
顔を赤らめて、そう言った。
応接用ソファーに座って、見上げてくる名雪。
「……はあ?」
その顔に見惚れつつ、素っ頓狂な事を言い出した名雪に、郡司は変な声を出してしまった。
「女将さんに聞いたんです。こうのすけぼっちゃまって言ってるのが耳に入ったから……」
郡司にとってみれば、そんな事はとっくに知っているのかと思っていた。
と言うより、あの大学で”郡司 孝之助”の名前は当たり前すぎて。今更「苗字です」なんて、言う必要があるとは思っても見なかった。
 
「通りで、初めて会った時、変な名前だなんて……」
「それは、僕も同じですよ! 僕の中では”名雪”なんて、説明するのもばからしいくらい、苗字そのものなんですから!」
お互い、変な名前だなんて、笑いあっていた。
それがおかしくて、二人はまた笑ってしまった。
「持っている常識の違いで、エラい勘違いを起こすもんだな!」
「ほんとに! 自分が絶対正しい、なんて、無いですね」

 

NEXT /長編SS短中編