ぼくは、あっち。 
 

 
打ち拉がれて、下駄箱に向かった。
廊下の向こうを浜中先生が歩いてきた。
「どうしたんですか? 元気ないですね」
優しく微笑んでくれる。
「はまなかせんせい…」
先生の名前を呼んで、胸がチクリとした。
同じ呼ぶなら、……あっちの先生なんだな。
あっちが、いいんだなぁって……
 
僕は……濱中先生が……好きなのかな……。
 
また胸が痛くなった。
そんなこと気が付いたって、しょうがないのに。
 
僕は、恐くなってしまった。
僕が先生を好きになるのと、先生が僕に興味を持つのは、全然意味が違うんじゃないかって。
 
濱中先生にとって僕は、入っては出ていく大勢の生徒の中の一人。
僕にとっては、先生がたった一人なのに……。 
通りすがりに、僕をからかっただけだとしたら。
僕が、濱中先生から抜け出せなくなってしまったら……
 
その先を考えると、ぞっとする。
先生は、また新しい子を選んで…僕は独りで卒業していく……
 
そう思い至って、背筋が寒くなった。両手で自分を抱きしめた。
「本当に、大丈夫? ……かなり、顔色が悪いですよ」
浜中先生が心配して、覗き込んできた。
「…………」
その優しい瞳を見つめて、ふと思った。
この先生は…浜中先生は、どうなんだろう。そういうことって、あるのかな……
 
「…せんせいは……」
 
つい、聞きそうになって、口をつぐんだ。
……こんなこと聞いて、なにになるんだ。
見上げたまま、黙ってしまった僕に、浜中先生は眉を下げた。
「…預かった鍵は、さっき濱中先生に渡しておきましたからね」
「あ、ハイ! …お世話になりましたっ」
先生の優しい声に我に返り、慌ててお礼を言った。
「ハマチュー!」
他の生徒が、廊下の向こうから浜中先生を呼んだ。
「……元気出してください。気を付けて帰るんですよ」
また、優しく微笑んでくれて、僕も笑顔で返した。
「はい、ありがとうございます。さよなら」
ぺこっとお辞儀をして、下駄箱で靴を履き替えた。
 
 
 
「あ……」
顔を上げると濱中先生がいた。
 
――え?
……部活は? ……小五郎は?
 
さっきの映像が目に焼き付いていて、こんな玄関にいるのがウソみたいだった。
「せんせい……」
見上げて立ちつくしている僕に、怒ったような顔で睨み付けてくる。
 
 
「姿が見えたから……追ってきたら」
ぐいっと手首を掴まれた。
「!?」
――痛い!
 
もう何も言わない。
無言で僕をグイグイと引っ張って行く。
「せ……先生! ……濱中先生、痛いっ」
 
腕が抜けそうなほど引っ張られて、連れて来られたのは、さっき僕が鍵を閉めた外倉庫だった。
ガチャガチャとそこを開けると、中に引き込まれて、すぐに扉を閉めた。
「…………」
先生の顔が恐い。
はめ込みの小さな天窓から、光が少しだけ入っている。その暗がりで、僕をじっと見下ろしてきた。
 
僕も先生を見上げた。
先生とこうして、向かい合いたかった。
 
濱中先生との接点が、僕にはまるでない。
当番にでもならないと、喋るきっかけさえなかった。
呼ばなきゃこの顔と向き合えない、この目に見つめてもらえないのに。
 
覗いた体育館で、熱心に指導をしてもらってる小五郎が……僕は羨ましかった。激しく打ちのめされてしまった。
…だって、小五郎は毎日ああやって、先生とスキンシップをとっていたんだから。
―――”お似合い”だなんて……
ホントにそうは見えるけど、……皮肉だった。
小五郎はずるい、なんて思ってしまった自分がイヤだった。
 
 
「………………」
濱中先生…。
今、先生が僕を見てる。向かい合ってるんだ…先生と僕。
 
吊り上がってる目。恐い。
だけど、この目が僕は好きなんだ。
この目が他の子に向けられて、微笑む………そう考えただけで、胸が痛くなる。
 
 
 
「野原が……そんなに節操無しだったとは……」
先生が口を開いた。
低くて、噛み殺したような声だった。
「…………?」
……セッソウナシって……?
「三浦と抱き合って……浜中先生に色目使って……」
目がどんどん吊り上がる。
 
 
 
――――――!!
 
 
 
見られてたんだ!
コートで泣いてたとこ……
あれはまずい……さすがに僕でもわかる……
でも……
 
「あれは――」
先生が! そう言おうとして、言えなかった。
強い力で引き寄せられて、また唇を塞がれていた。
―――あっ
さっきの子とのツーショットが蘇る。
「―――やだっ!!」
力を振り絞って抵抗した。唇を剥がすと、先生を睨み付けた。
 
――僕だけじゃなきゃ、やだ!!
 
そう思ったんだ。
さっきの子にキスして、その口でまた僕に……
そんなの、絶対イヤだった。
睨み付けた目から、涙が零れた。
 
「――――っ」 
 
――濱中先生が好き。
驚いた顔で見下ろしてくる、この目が好き。
キスしてくれたときの、優しい声が好き……
なのに……
ここに、いるのに。
せかく向かい合っているのに……
  
”はまなかせんせい”って呼ぶのが、好きだった。
みんながハマチュウって呼ぶから。
そんなことぐらいしか、特別気分になれなかったんだ。
 
「…せん……せい……」
 
赤いジャージが、遠目からでもすぐわかった。
あのキスの後――僕の目は、濱中先生しか見なくなってたのに。
 
「……ひどい。あんなキスしといて……」
口の中で、小さく呟いた。
 
「誰でもいいなら……俺にもさせろよ」
先生の目が、凶暴に光った。
「!!」
誰でもいいなんて――!
そんなはず、あるわけない。
先生が他の子と…って、そう考えるのも嫌なのに!
また、引っ張られて抱きすくめられた。
「……や」
抵抗も抑えられて、唇が重なる。
「んんっ――!!」
激しい、先生のキス。こないだのとは全然違う。
舌が引っこ抜かれそう!
目が回る……苦しい……。激しすぎて、息ができない。
「ん…んんっ~!」
先生の舌が僕を絡め取る。
あんなに身体が熱くなったのに…。抱きしめてくれる腕は、痛いだけだった。
  
誤解が胸を締め付ける。
……誰でもいいはずない。それを知ってほしかった。
 
「―――あっ!?」
先生の手が、僕の制服の中に入ってきた。
脇腹や、胸をじかに触ってくる。
「――――!!」
その感触にびっくりして、身体を捩った。
足元がふらついて、倒れそうになった。それを追いかけてくる先生の身体。
砂埃を立てて、地面にひっくり返ってしまった。
「――っ!」
倉庫とはいえ、外用だから床が無い。
剥き出しの地面に、直接倒れ込んだ。
横たわる先生。その腕の中に僕はいた。
 
――先生、僕を庇って……
 
一瞬湧いた思考は、掻き消された。
先生の手が、僕の制服を剥がそうとする。
 
「あ……っ!」
シャツをたくし上げられて、胸まで露わになった。
そこに、先生の舌が這ってきた。
腹筋から胸のラインを舐め上げて、胸の中心に吸い付いていく。
「っ―――ぁあっ」
思わず、仰け反った。
反対側は、指がいじくる。
「やっ……やあ……」
腰がゾクゾクする。背中を何かが這い上がっていく。
ベルトに手が掛かった。
「!!」
………なに
僕が止めようとする手なんて、間に合うはずもなく……
「…せんせい……!」
前が開けられて、下着をズボンごと引きずり降ろされた。
「や……やだ」
なにされるの…なにが起こるの?
こんな未知なこと、僕は初めてだったから。ただ恐くて、震えてしまった。 
「あっ、……ぁあ!」 
先生の口が、僕を咥えた。
―――熱い…!
腰から背中に衝撃が走った。
「せ……せんせ……っ!」
あ、あ、…………ちょっとまって……
舐め回されて、震えが止まらない。恐いだけじゃない感覚で、ビクビクと体が痙攣してしまう。
 
――やだ。こんなの、イヤだ!
 
そう思っているのに。
――先生なんだ。僕を触ってるのは、濱中先生なんだ…。
そう思って、嬉しがってる僕がいる。
 
一瞬痛いほど吸われて、柔らかくしゃぶられた。
「あっ……ああぁ…!」
心も痛い。
なんで、なんであの後すぐ、こうしてくれなかったの!
他の生徒のことなんて、知らなければ僕は……喜んで先生のものになったのに。
……こんなこと、もっと大事にしたかったのに。
涙が止まらなかった。
 
高められていく。先生の唇が、優しく激しくを繰り返して僕を扱く。
両手で口を覆って、叫びだしそうな声を抑えた。
「ん……っ、ん……あぁ……ああ、せんせい……せんせい……」
 
ビクンと、大きく身体が震えた。
  
「―――あぁッ!」
絶頂感で、高い声が漏れた。
先生の口内に吐精して、細かい痙攣をくりかえした。
 
 
「…ぅっ……ぅぅ……」
ぐったりしたまま、泣き続ける僕の横に、濱中先生が這い上がってきて寄り添った。
悲しい僕の心が、涙を止めない。
先生のさっきの言葉が胸にナイフを突き立てたみたいに、今もまだ刺さっている。
「ちがうのに………ちがうのにぃ……」
両手で顔を覆って、泣き続けた。
先生の手が、その手を剥がす。
「……だれでもいいなんて……ぼく……」
覗き込んだ濱中先生の顔が、滲んでいる。
「………そんなの、あるわけないのに……ちがうのにい!」
しゃくり上げながら、泣きわめいた。
された行為より、信用を失って、さらに誤解されている。
もうそのことが、きりきりと心を締め付ける。その音が、僕の中で泣き声より大きくなっていた。
 

NEXT /長編SS短中編