1.
 
その会話は聞くに堪えなかった。
会話と言うより、一方的なお喋りだ。
 
「キミのこの間の書類さぁ、別にイイケド、アタシ的に………」
「あの子、結婚するって。キミも知ってる経理課の。アタシなんて、しようと思えばいつでもそんなの出来るけどサ」
「ついでだから、ここでしっかり食べて帰ろうかな。帰れば作れるけど。アタシ料理嫌いじゃないし。いつもは作ってるし。ついでダシ……」
 
 
 
うるさいなあ………。
 
ちょっと早めの夕食時。
ファミリーレストランにお一人様で入った僕は、コーヒーだけを注文して、4人掛けのテーブルに仕事の資料を広げていた。
 
僕が座っているボックス席の、正面の向こう側。
そのボックス席に座った二人の会話が、僕の集中の邪魔をした。
座席の背もたれで仕切られているため、顔は見えない。
男女らしいけど、女の声が妙にハイテンションで、自己アピールと言い訳の繰り返しばっかりだ。
聞きたくなくても聞こえてくるその声に、ウンザリした。
 
せっかく残業決定の業務を社内でやりたくなくて、ここに逃げてきたのに。
頭を使う仕事は、人間をヘビースモーカーにさせる。
僕は煙草の煙がきらいだ。
会社に入社して2年。
いい加減通い慣れた、ファミレスだった。
 
合間に、低い声で合いの手も聞こえてくる。
「ええ……」
「はあ……」
そんな具合だ。
まともな返事も返せないほど、内容がバカバカしい。
どんなヤツが、この女に付き合ってんだろう?
僕は、シートの端っこに座り、身体を斜めに、外側に倒した。
「あ………」
 
目が合ってしまった。
想像していた、大人しそうな優男顔とは全然違った。
釣り目にへの字口。細面の顎を肘を突いて支え、退屈そうな表情を作っていた。
短い前髪は、優男どころか、男前だった。
ネイビーブルーのスーツが、やたら似合っている。
 
僕はいきなり目が合って、びっくりしてしまった。
目をしばたかせた。
「――――――」
向こうも驚いたみたいで、僕を凝視したまま、ピクリとも動かない。
そりゃそうだ。
いきなり前のボックス席から、斜めににゅーっと顔が出てきたら、誰だってびっくりする。
間に挟まれていた、うるさい声の主が、気が付いたようだ。
「なに見てんの?」
連れの視線を追って、座席越しに僕を振り向いた。
その瞬間、
「すんません、成子さん。オレ待ち合わせしてた。来たから帰ります」
立ち上がった、その人は大股で歩いてきた。
「え!?」
僕の手首を掴むと、
「遅かったな、行くぞ!」
と、一言言って強引に腕を引っ張り始めた。
「えっ! えっ!?」
僕は慌てて、テーブルに広げていた書類を片手で掻き集めて、その手でカバンもひっ掴んだ。
「ちょっ、ちょっと……!」
コーヒー代をカウンターにばら撒くようにして払った。
 
―――何!? ……なに、このヒト!
 
スーツ姿だから、自分と同じサラリーマンなのはわかる。
まあ、同じと言っても、僕はシャツにデニムパンツだけど。
ただ目を合わせただけだったのに、なんでこんな事になるのか、判らなかった。
ずっと腕を掴まれたまま、外に連れ出される。
「………離してください!」
いつまでも腕を引っ張る男に、僕は叫んだ。
「ちょっと付き合えよ。振りだけでいいから」
「は?」
横目で僕を見て、腰を引き寄せてきた。
彼女と歩くみたいに、身体を密着させる。
「や……なんですか!」
僕はすっかりパニックで、腰に回された手を解こうとした。
でも、強い力で抱き寄せられていて、離れない。
そうしながらも、今出てきたレストランが見えなくなる所まで歩かされた。
「ほい、ごくろーさん」
ぱっと、腰から手が離れる。
「は?」
僕は訳が分からず、その顔を見上げた。
頭二つは背が高い。
うんと見上げて、睨み付けてやった。
「何なんですか、それ!」
「あの、五月蠅い女から、逃げれた。アンタがいて、よかった」
その物の言い様に、僕は呆れてただ口を開けた。
 
「………」
不可解な男は僕をじっと見下ろしてきた。
「―――?」
眉を寄せた僕に、大きな掌が襲いかかってきた。
「わっ!」
いきなり僕の前髪を後ろに掻き上げ、勢いでさらに上を向かせる。
「……アンタ、男だよな?」
「………えっ!?」
僕は小柄で髪も長めなので、実際、遠目に女の子に間違えられた事はあった。
でもそんなの学生の頃だし、こんな近くちゃ……幾らなんでも判るだろ!
「女に見えますか!?」
頭に来て、言い返した。
「ああ、見えた。一瞬な」
顔をぐいっと近づけると、僕をじろじろ見て、手を離した。
「腕を取ってみて、やべっと思ったよ。でも、もう引き返せなかったから、強引に引きずっちまった」
そう言って笑った。
「……………」
―――やべって……、ええっ、それだけ?
僕は乱れた前髪を手で直しながら、愕然とした。
どういう神経してんだ……。
「あの女、オレが違う女と店出たと思ってるよ」
………ああ、…あの女…。
「……うるさいヒトでしたね。よくあんなのに付き合う男がいるなって、思わず覗いちゃった」
僕はあの声を思い出して、鼻の頭に皺を寄せた。
「そこが辛いトコだよな。……ある程度は付き合わないと、どうしょもない人脈ってのがある」
見上げた顔も、同じように苦い顔を作った。
「……いいんですか? 大事な人脈を置き去りで」
「もう我慢の限界だったから、いいんだ」
僕が見上げると、眉をひょいと上げて首を振った。
 
「なあ、このままオレに付き合えよ。デートしようぜ」
「はっ!?」
 
けろっとした顔に戻ったこの男は、また腰に手を回してきた。
「ちょっ、冗談は止めてください! 僕は男だって……」
幾ら日が落ちかけていると言っても、街の往来でこれはないだろう!
「判ってるって。でも、女に見えなくもないし」
楽しそうに、顔を覗き込んでくる。
「デッ、デートって、なんなんですか!?」
受け容れているような、僕の質問もすでに変だった。
パニックになりながらも、さっき笑った顔にドキッとしてたから。
ずっとつまらなそうな顔で、目と眉を吊り上げて、口もへの字に結んでいて……一見、冷たそうに見えた。
だから、もっと恐いヒトだと思っていたのに。
「オレの貞操くれてやる。あのままじゃ、あの女に身体、喰われかねないトコだったからな」
「―――!!」
てっ、貞操!?
僕は、頬が熱くなっていくのがわかった。
「……僕、仕事中だったんですけど」
赤面しながらも、とにかく睨み付けた。
自分勝手なヤツには違いない。まだ一回も謝ってないぞ。
腰を抱くのも、いい加減やめてほしい。 
「ああ、あれ……仕事? 何やってたんだ?」
「……アナタに言っても、しょうがないでしょう」
腰の手を剥がそうと、身体を捩った。
「……んっ!」
いきなり唇を塞がれた。
―――えっ!?
顎を強引に持ち上げ、僕に屈み込んできて。
「んんっ――」
舌まで入ってきた。
―――――!!
強引にねじ込んできたあとは、信じられない程優しく、吸い上げられた。
 
―――あっ……
僕は思わぬ不意打ちに、気持ちよすぎて腰が疼いてしまった。
「やっ……」
びっくりして、唇を振り解く。
膝がガクッと崩れ落ちそうになった。
「――!」
力強い腕が、また僕の腰を支える。
「は……離してください!」
僕は、唇を袖で拭いながら非難の目を向けた。
情けないことに、涙目で。
「……いいけど、立ってられないだろ?」
腰で支えられていた僕は、ぱっと手を離されて、足元が揺らいだ。
「あ……」
勢いで、今支えていてくれた身体に、しがみついてしまった。
「――――」
身体を抱き合わせた格好で、しばらく見つめ合った。
 
―――う……うわっ!
 
至近距離に、心臓がバクバクする。
キスされたショックも抜けてない。
―――なんで、いきなりキス!?
顔が熱くなっていく。
  

NEXT /長編SS短中編