真夜中のページ・ボーイ
 
3. ルームサービス
 
「失礼します。ルームサービスをお持ちしました」
ドアを軽くノックした。
「入れ」
中から、あの横柄な声が響いた。
 
―――やっぱり、アイツだ……
 
  
僕はしょうがないから、仮眠を取って、また制服を着込んでいた。
アイツの言葉は全部ウソで、本物の老紳士が出迎えてくれるコトを期待したのに。
 
 
真夜中の別館は、どんなに照明が明るくても、木造作りが雰囲気を重くしていた。
高い天井。真っ直ぐに続く廊下。
空気そのものが沈鬱で、通路を見る限り、とても”不夜城”とは思えない。
蛍光灯のせいで白けて見える木肌が、その奥行きを曖昧にさせている。
出歩く人影など無く、室内から漏れてくる音も一切無かった。
コツコツという自分の靴音と、押しているワゴンの軋む音だけが、磨かれた床板に響く。
101号室は、廊下の最奧に位置していた。
 
 
 
「……失礼します」
ワゴンは廊下に残したまま。
オーダーされたワインをクーラーごと抱えて、毛足の長い絨毯の室内に、足を踏み入れた。
 
その部屋は、ホテルというより、別荘の一室みたいだった。
洗面、バスが手前にあって、短い通路を抜けると、左側に室内が広がっていた。
左奧はテラスに続いているようで、大きなガラス戸。
カーテンに沿うように、ベッドが置かれている。
部屋の中央は、充分すぎるほど空間があって、大きなテレビとステレオセットが設置されている。3人掛けくらいの長いソファーがテレビに向かい、こっちに背中を見せていた。
他に個室があるらしい。重厚な木製のドアが正面右奧に見える。
作家が住人と言うだけあって、正面左奧の大きな机には、本や筆記具が、乱雑に置かれていた。
 
 
「何をしている。早くワインを開けろ」
「――――」
ソイツは、ソファーに反っくり返って、座っていた。
 
 
「……失礼します」
横目で琥珀の目を確認しながら、用心深く近づいた。
昼間と同じ、サイドは掻き上げて、長い前髪は垂らしたまま。その隙間から、じっと僕を見ている。
やっぱり……得体の知れない、オーラを発している。
「……本当に101のお客様、だったんですね」
失礼を承知で、睨み付けた。
――野立先輩は、なんで知らないんだろう。
「…………」
男は、口の端でにやりと笑っただけだった。
 
分厚いガラスのローテーブルにワインクーラーと、グラスを二つ置いた。
オーダーは、これだけ。
 
「両方に注げ」
「……ハイ」
老紳士は、いるのだろうか。
こんな深夜にワインなんて……。
「付き合えよ」
身体を乗り出してきて、グラスを掴みながら、顔も寄せてきた。
ボトルをクーラーに戻していた僕は、咄嗟に身体を引いた。
エレベーター内の痴漢行為を思い出して、ゾッとしたんだ。
「……そんな、サービスはありません!」
仰け反ったまま、睨み付けた。
「別館は、”特別”なんだよ」
凶暴な目を光らせると、僕の腕を掴んできた。
「あッ……」
強引に引き寄せる。
カフス部分が傷まないか、この期に及んで、そんなことが心配になった。
「は……離して下さい!」
ろくに抗えないまま、男の前に膝を付いてしまった。いくら絨毯とはいえ、今度はスラックスが気になった。
 
―――えっ!?
 
男は、グラスを一気に煽ると、その唇を僕に押し付けてきた。 
「んんっ…………!!」
無理矢理、含んだワインを僕に飲ませようとする。
――零しちゃいけない……!
咄嗟にそう思って、注がれるワインを全部受け入れた。
つんと、芳香が鼻を突く。
同時に、喉と食道が、灼けるように熱くなった。
僕は、そんなにアルコールは強い方じゃないんだ。
 
「美味いワインだな」
男は口の端を上げて笑うと、僕の両手を片手で束ね直した。
「なにす……」
胃まで灼けて、気分が悪くなった。
咳き込みながら、抵抗した。
「あ!」
するりと僕の首からビロードのタイを解くと、手首に巻き付けだした。
「ちょ……! ……ダメです! そんなことしたら、傷んでしまいます!」
僕は悲鳴を上げた。
自分に起こっている状況も怖かったけど、それ以上に制服が気になった。
”前時代の財産”なんて言われたら!
 
僕の嘆願も空しく、キツイ結び目を作って、手首を縛り上げられてしまった。
身体を掬われて、ソファーに寝っ転がされる。
「……なに……するんですか……」
恐怖で、声が掠れる。
飲まされたワインのせいで、軽い耳鳴りもする。
「……纏足って、知ってるか?」
面白そうに僕を見下ろしながら、唐突に喋りだした。
―――テンソク……?
聞いたこともないし……
―――何を、いきなり………
僕は怖くて、ただ睨み付けていた。
「昔の中国の、女の足……強制的に布で縛り上げて、小さいまま、育たないようにしてたんだと」
「――――」
「なんで、そんなことしたか、判るか?」
「……………」
何も応えない僕の脚を、触ってきた。
「逃げられない様にだよ」
「…………!」
「男の都合のいいように”小さい足ほど女性の美徳”みたいな固定観念を植え付けて、拘束していたんだ。しかも、靴ってのは……女性器に例えられる」
「…………」
気分の悪い話しに興味を持てず、聞き流すことにした。
ワインのアルコールが、変な酔いを起こしている。
―――あッ……
スラックスの上から、股間を撫で上げられた。
「昔から、受けの性器は小さい方がいいらしいな」
口の端だけ上げると、不気味に笑った。
「ここの制服、うるせぇだろ」
「…………」
 
急に話しを変える男に、苛ついた。
こんな会話で、翻弄されていくのが判る。
―――また、危険信号。
鼓動が激しくなってくる心臓を抑えて、男と視線を合わせた。
 
黄金色にも、薄茶色にも煌めく。
真ん中の真っ黒い部分に、吸い込まれる気がした。
 
―――何を言おうと、してるんだ……?
   
 
「……それと、さっきの話しと……何の関係があるんですか?」
「同じだって、言ってんだよ。都合のいい理屈を付けて、本人達が自らそれを受け入れるようにし向けてさ」
「…………」
「その実――」
 
引き上がった口の端から、白い牙が覗いた。
 
「文字通り、”征服”……着ているヤツを……な」
琥珀の双眸を細めて、楽しそうに笑う。
 
 
 
「拘束具なんだよ、ボーイへの」
 
 
 
「―――――!?」
 
 
 
「雁字搦めだろ?」
縛り上げた手首を持ち上げて、僕の目の前に見せ付けた。
「これを着た時、思わなかったか?」
「………なにを?」
掠れる声を、絞り出した。
「シルエットが……裸体に手枷をしているみたいだって」
 
―――――!!
 
異様に大きい袖ぐりの折り返し。
重いカフスボタン。
動きにくい、ぴっちりのシャツにスラックス… 
そのシルエットにひびかないような、インナー……
そして、精神的に圧力を掛けられて、大きなモーションができない……
 
おかしいと、思ってたんだ。
余りにも、仕事に不向きで。
機能の、何もかもが。
 
「ついでに言うと、これは首枷のチェーンに、見立てている」
ベストの首元を繋ぐシルバーに指を掛けて、軽く引っ張った。
 
 
「…………財産、って……」
僕は悔しくて、呻いた。
 
そんな言葉に脅されて、僕は……
高級ホテルの制服なんて、一般的にはステイタスの一つだ。
ダサイけど、恥ずかしいけど……それでも喜んで着込んでいたんだ。
そして、必死にその伝統を、守ろうとしていた。
 
――まるで、ピエロだ……。
 
「財産てのは、本当だ。粗末にするなよ」
目だけで笑うと、いきなりスラックスの前を開けた。
「!! ………やっ!」
恥ずかしいインナーを穿いている。
こんな格好、誰にも見られたくなかった。
いきなりの行動に、悪酔いしている頭は対処が出来ない。
無駄に抗ってみても、男を悦ばせるだけだった。
するりとスラックスを脱がし、下半身だけTバック1枚という格好の僕をしげしげと観察する。
「…………」
恥ずかしくて、何も言うことができない。
「悪趣味だよな……」
口の端で笑いながらも、吐き捨てるように男は呟いた。
――――?
 
「その顔、ワインのせいか?」
僕の赤くなった顔を、覗き込む。
「――あ、……あなたのせいです!」
「ふ、威勢がいいな。……もう一回飲ませてやる」
「……え?」
男は、不穏な発言と共に、僕の最後の一枚を剥ぎ取った。
「……あ…」
Tバックだって、なんだって、隠されているだけ、マシだった。
「やめ……見ないでください!」
僕の脚の間に座り込み、腰を抱え上げられた。
局部が前に突き出され、丸見えになっている。
 
耳鳴りが砂嵐のようにザーザーうるさい。
熱くてぼんやりした頭が、思考をハッキリさせない。
僕に、何が起こってるんだ……!?
 
男はその状態のまま、片手を伸ばして二つ目のワイングラスを掴んだ。
赤紫色の液体が揺れる。
それをさっきと同じようにぐいっと煽ると、僕の後ろにその唇を押し付けてきた。
 
―――えっ!?
 
「や……、なにするんですか!!」
藻掻いた時は、もう遅かった。
舌が入ってきて、冷たい液体が注ぎ込まれる。
 
―――あッ……ぁああッ……!!
 
僕は、腰を真上に抱え上げられ、脚を大きく開かされ、……後ろからワインを飲まされていた。
「……ぅぁああっ…!」
 
直腸に直接のアルコールは、効きすぎる。
グラス一杯も無いであろう少量でも、充分だった。
腰や下っ腹が灼ける様に熱くなって、体中の血が騒ぎ出す。心臓も早まり、耳鳴りが更に激しい。
 
「や……やぁ……、やめてください……」 
 
身体中をまさぐり始めた手に、吐き気を感じて、抵抗した。
もはやロレツも上手く回らない。
 
「ん……」
また唇を塞がれた。
 
―――くぅッ……!
 
されるがままなのが、悔しい。
―――アッ――え!?
 
後ろに、異様な痛みと熱を感じた。
 
「あっ……ぁああぁぁっ……!!」
 
…熱い……熱いッ………
 
何か入ってくる!
 
 
僕はただ恐怖を感じて、首を振っていた。
「やぁ……やめ……やめて―――」
頭上で拘束されている腕を、がむしゃらに揺すった。
 
男の腰が動き出す。
僕はやっと、自分が何をされているのか判った。
アルコールで麻痺した後孔に、男の熱い固まりが出入りする。
「あぁっ! ……や…ぁあ…」
 
ワインが回りすぎて、激しく突き動かされる運動に耐えられなくなった。
心臓が、呼吸が苦しい。何もかも、熱い……
「あ…あぁ…………」
霞む視界が、一瞬だけ目の前の猛獣の顔を捕らえた。
 
―――冷たい瞳……!
 
背中が、ゾクリとした。
この何もかもが熱い中、氷のような冷えた眼に、僕の背筋も一瞬冷えた。
「んぁあっ……!」
本当に一瞬だった。そんなの追求してる余裕なんて無い。
揺り動かされる中で自分の悲鳴を聞きながら、僕は何も判らなくなっていった。
 
 

NEXT  Novel長編SS 短中編