真夜中のページ・ボーイ
 
6.

 
「――――――?」
 
  
うるさい目覚ましを止めても、ここがどこだか一瞬判らなかった。
「…………」
目をこらして見渡すと、薄暗い女中部屋のような仮眠室だった。
 
――ああ…僕は……
 
昨日疲れ果てた僕は、結局意識をなくした。
明け方ヤツの隣で目を覚まして、やっとワゴンを片づけたんだ。
 
――身体が痛い……
 
全身が怠くて、時計を掴んだ手さえ、それ以上動かしたくない。
 
”仕事に支障をきたすなよ”
 
狩谷チーフの声が蘇る。
そう言うんなら、ルームサービスなんて、断ってくれればいいんだ!
 
心の中で悪態をついて、何とか布団の上に起きあがった。
「……痛ッ……」
後ろが痛い。背骨や腰骨が軋む。
――あの制服……着るの嫌だなぁ…… 
きつすぎて、身体の痛みを忘れさせてくれないだろう。
 
 
 
 
「おっす、須藤。……今日も酷い顔、してんな」
早朝ミーティングのあと、野立先輩に声を掛けられた。
「……そんな、酷いですか?」
「ああ……。どうしたら、そんな顔になれるんだ?」
反対に訊かれてしまった。
そんなこと、答えられるわけがない。
「……寝不足です」
「ふ〜ん? まあ、なんでもいいけど、そんな顔じゃお客様が不快に思うぞ。仕事はキチンとしろよ!」
ポンと肩を叩くと、爽やかに笑って行ってしまった。
 
――僕だって、キチンとやりたいですよ……
 
先輩の背中を見送って、僕も持ち場に着いた。
途中の窓ガラスに映った自分の顔は、確かに酷かった。
「…………くそっ」
ムリヤリ笑顔を作って、ほっぺたを引っ張った。
笑顔が、僕の売りなのに!
 
「須藤! お客様が到着されたぞ!」
フロントから狩谷チーフが呼ぶ。  
「ハイッ!」
その瞬間から、気持ちは切り替わる。
 
さあ、お出迎えだ。飛びきりの笑顔で!
「いらっしゃいませ、ホテル逢森庵へようこそ。お荷物をお持ち致します!」
 
 
 
 
 
昼食を過ぎて、何人目かのお客様を案内した後……。
その後の予定を小さなメモ帳に書き込みながら、僕は相変わらず動かないエレベーターに乗っていた。
「…………!」
また閉まる直前に、誰かが乗り込んできて、ヒヤッとした。
「危ない! ……飛び込んではダメですよ……」
はっと顔を上げて、とっさにそう言ったけど。 
  
目の前に立っていたのは、またあの男だった。
「……貴方は!」 
「……仕事してんだ。偉いな」
 
―――はっ? …………な……
 
「……なにを呑気に……!」
ニヤニヤと見下ろしてくる男に、言葉を失った。
腹が立ちすぎて、声が出ない。
それでも喉から疑問を絞り出した。
「あ……貴方は、何者なんです? 101のお客様じゃ、ないでしょう!」
「……101に、いるのに?」
男が片眉を上げた。
――そうだけど、……それが、変なんだ……
「だって、101は白髪に口髭の老紳士のはずですっ」
「はははっ」
急に男が笑い始めた。
「老紳士だって?」
「……そうですよ! それが何ですか?」
食い下がる僕に、ぐいと顔を寄せて、男は笑いを止めた。
「あんた、それ、見たことあんの?」
琥珀が間近で、キラリと光った。
「まだ……お目に掛かったことは……」
「いねぇよ、紳士なんて!」
吐き捨てるように言うと、僕の手首を掴んできた。
 
「それより、ヤらせろよ」
 
―――えっ!?
身体をあちこち触り出す。
「や……やめてください、こんなとこで!」
昨日の今日で、よくもそんな……
それに、本当にこんなとこ誰かに目撃されたら……! 
「誰かに見られたら、貴方こそ、お終いじゃないんですか!?」
キスしようと近づいてきた顔に、思いっきりその言葉を叩き付けた。
 
―――謎の男。
そうだよ、コイツが誰かに見つかれば……いっそ事が発覚すれば、こんなこと終わりになる。
……そのほうが、いいのかも。
 
「――それは、マズイな」
妖しく笑うと、止まったエレベーターから僕を引きずり降ろした。
そして、すぐ横の給湯室に連れ込まれた。
「離してください!」
ここだって、人が来ないわけじゃない。
チェックアウトの後なんか、新しいポットのお湯の入れ替えで、出入りが激しくなる場所だった。
「うるせえ」
奧の壁に押し付けられて、いきなり股間を握ってきた。
「あッ……痛っ……」
身悶えた隙をつかれた。
ビロードのタイをするりと解かれ、両手首を縛られた。
「や……」
抵抗も空しく、水道の蛇口にタイの余りでくくりつけられた。
「ちょっと……ダメです! そんなこと――!」
タイも制服も、傷むのが気になって激しく動けない。
上半身がシンクの上に乗り上がってしまい、腰が嫌でも突き出される格好にされた。
 
「やめ……やめてくださいっ……」
 
同じ体位で犯られた、昨夜のことを思い出してゾッとした。
今度こそ、声が嗄れてしまう……
「うるせえんだよ」
掌で口を塞がれ、ズボンを引き下ろされた。
「―――んんっ!!」
水で濡らした指を乱暴に突っ込まれ、中をかき回される。
傷の癒えていないそこは、痛いだけだった。
「んっ――んんッ…………!」
指が増やされる。
いつもの圧迫感。
 
―――あ……やだ…………!
 
開かされる感覚は、何度味わっても、いいもんんじゃない。 
口を押さえられたまま、僕は必死で首を振った。
―――嫌だ――離せっ…………!!
 
「……んんっ」
指と熱い滾りが入れ替わって、入ってくる。
気絶しそうな目眩に襲われた。
「ぁっ……んぁああっ……!」
―――痛………
 
僕に構うはずもなく、男は腰を使い始めた。
―――ぅあぁ……あぁぁッ…………!
容赦なく与えられる痛みと、沸き起こる疼き……
はッ、はッと、首スジに当てられる荒い息が、背筋をゾクゾクさせる。 
「……俺を探るな! 呼ばれたときだけ、来ればいいんだ!」
耳の後ろで、押し殺した声が聞こえた。
――――――!
動きが激しくなる。
「んっ………んんッ……んぁぁ…!」
口を押さえられたまま、何度も何度も突かれて、ヤツだけイッた。
 
「くッ…………」
「制服を汚させちゃ、悪いからな」
そう嗤って僕の中に出すだけ出して抜き出ると、手首の拘束は解いて、給湯室から出て行ってしまった。
「……はぁ…………はぁ……」
高ぶらされた身体が、心臓を早める。荒い呼吸だけが室内に響いた、
………………。
残された僕は、言いようのない悔しさと、痛みで呆然としていた。
床にへたり込むわけにもいかず、シンクの縁にしがみついて。  
 
―――なんだ、今の……
欲望というより、怒りをぶつけられた気がした。
 
 
”俺を、探るな!”
その声が、頭の中で何度も繰り返された。
 
 
――危険、危険――
鳴りやまない警報にシンクロして。
 
 

NEXT  Novel長編SS 短中編