真夜中のページ・ボーイ 
 
11.
 
 
「……いたぶってないで、早く犯ったらどうですか?」
 
 
―――早く終わらせろ! こんなの…… 
 
敢えて冷静に、言ってやった。
見えない分、凄まれたって恐くない。
蠢く指に動じないよう声を抑えて、平静な振りして。
 
「……声が震えている。相変わらず威勢だけだな」
  
―――――!!
「――アッ……ぁああッ……やッ…」
 
また言い返そうとした瞬間、指が増やされ、奧を突いてきた。
激しく突き上げて、出入りさせる。
下っ腹の奧がビクビクと震えだした。
「望み通り、さっさと犯ってやるよ」
言うなり、僕の勃っているモノを口に咥え込んだ。
湿った咥内が、僕を覆う。
「…………!」
急な刺激に、腰を引いて抗った。
―――熱い……!
視界を奪われた身体は、感度が何倍も鋭くなっている。
熱い咥内や唇の動き一つまで、生々しく判った。
「…………んっ」
腰に鈍痛のような疼きが、湧き上がってくる。
蠢く舌は、完全に別の生き物だった。
……なにコレ……すご……
「……ぁああぁっ……!」
這い回るナメクジのような感触に、耐えられない。
執拗に舐め回されて、吸われて、悦んでいる僕の先端からは透明な液が流れ続けているようだった。
それを舐め取っては、淫猥な音をわざと立てて咀嚼する。
指を絡めて扱きだしたときも、嫌になるくらい恥ずかしい水音が立った。
「…ぁっ! ……んぁあ…」
舌とは違う指の激しさに、背中を仰け反らせた。
後ろを指で貫かれたまま、前を上下に扱かれた。
 
……や……指も…スゴイ………
 
「ああっ! ……ぁあああッ…!」
ゾクゾクと快感が背中を走り抜ける。
今僕が手に入れられる情報は、この快楽だけだった。
身構えることも散らすこともできない。
与えられる快感を、そのまま身体に染みこまされた。
「あ、……ああッ…」
堪らず足先をソファーに押し付けて、腰を振った。
―――ぁあ……いく…もう………
「い……イクッ……」
言葉が勝手に出た。
男のふっと笑う気配。
「んっ…ぁあああっ………!」
休まらない扱きに激しく痙攣して、僕は吐精していた。
 
 
 
……はぁ……はぁ……
 
「………え?」
まだ呼吸が苦しい。激しく上下してる胸から下っ腹に、変な感覚が滑っていく。
ぬらぬらした何かが、腹の上を幾度も這う。
僕が放った白濁を、男が舐め取っているようだった。
「や…やめ……」
むず痒い感覚が腰に湧く。
まだ入っている指を、締め付けてしまった。
寝た子を起こすように、その指も再び動き始めた。
「ぁあ!? ちょ……もう……いい……」
腰を跳ね上げて嫌がった。視界が利かなくて、不安を煽られる。
「これ、外して…ください……」
見えない相手に見当を付けて、顔を向けた。
縛られた手首を、その方向へ差し出す。
 
「何、言ってる。……これからだろ?」
 
――――!!
男の下卑た笑いが、僕の心を奈落に突き落とした。
「や――嫌だ! ……もう…やだ」
僕の中で、容赦なく指が蠢く。
「………やめ…ッ」
湧き上がる疼きに、嫌悪した。
「チーフとやらが、俺よりイイか、比べてみろって言ってんだよ」
体内で暴れ出す、異物たち。
「あ…………痛ッ」
押し込みすぎて、引きつれたような痛みを感じた。
「はっ……イヤミか」
「…………ちが……ああぁっ…」
奧の熱い部分に触りだした。
神経に触れるように、ビリッと腰が震える。
……あッ……あッ……
触る度、喘いでしまう。でも悔しいから、声は押し殺していた。
「……強情だな」
男がまた、低い声で嗤う。
 
「さあ、今度こそお望み通り、犯ってやるよ」
指を引き抜くと、ちょっとの間があって、熱く濡れたモノが押し当てられた。
「…………んっ……くぅ……!」
広げられる感覚が生々しい。
見えないというだけで、肌や体内の神経が異常に鋭くなっている。
「ぅあ……ぁあっ……!!」
ずぷずぷと音を立てて、入り口の壁を擦る。
先端は腸壁を掻き分け、奧を触る。
「んっ……ぁあぁ…」
「ふ……イイ声になってきたな」
 
――――!!
また言葉でいたぶる!
僕は悔しくて、ぐっと口を閉じた。
でも、与えられる衝撃はそれを続けることを許さなかった。
「…………く……ぁぁ…」
身体全体が押し上がるほど突き上げられて、引っ張り戻される。
体内を出入りする質量が半端じゃない。
切れそうな不安と擦られる快感が、押し込まれる度に、身体の奥底から湧き上がった。
……ぁあ…………ぅああっ…!!
両手は縛られていて、開かされた脚は、宙を蹴っている。
僕ができることは、後ろを締め付けて、喘ぐことだけだった。
「……ぁあぁ! …ん………ああっ…!」
激しく打ち付ける肉音に合わせて、嬌声を上げ続けた。
身体はもはや、勝手に絶頂を目指す。
腸内を絞り込んで、蕾を搾っては、男を咥えていた。
「お前……ほんと……イイ…」
男の囁きが耳に直截響いた。
ゾクリと背中が痺れ上がる。
「……イクぞ」
僕の再び熱く反り返っているモノを握り込んで、上下しだした。
「―――んぁああッ!」
新たな刺激に、背中が仰け反る。
頭から足先まで、痺れが貫いた。
 
「…ぁぁ……ぁああッ…!!」
 
男の身体がビクンと揺れて、僕もつられて跳ね上がった。
何度も痙攣して、僕の中に熱い液体を吐き出しているのを感じる。
僕もまた、男の掌に吐精していた。
 
「…………ん……」 
男が出るとき、呻いてしまった。
圧迫感が消えて、やっと身体が楽になった。 
 
 
「――――――」
荒い呼吸が落ち着いてきた頃、目隠しが外された。
急に明るくなったうえに、瞼を押さえ付けられていたから、ぼやけている。
利かない視界に焦れて、むやみに首を振ったら、ぽろぽろと涙がソファーにこぼれ落ちた。
「…………どっちだ?」
顎を押さえられて、顔を覗き込まれた。
視界はまだぼやけていて、その表情は見えない。
僕はただ首を横に振った。
どっちの方がイイなんて……あるはずない。
どっちもイヤだった。
ただそれだけだ。
 
男は、泣き続ける僕を簡単に清めると、乱暴に制服を着せた。
「…………」
戻ってくる視界の中に、ぼんやりその姿を映していた。
怠くって、指一本動かす気になれない。
酷いコトするクセに、制服はそれなりに扱う。
それは、僕がここに居続けられる為なんだろうけど……。
シャツのボタンを留めていく男の顔が、間近に迫った。
澄んだ琥珀。太い眉。緩くカーブした長い前髪……。
今この男の顔に、猛禽類のような鋭さは無かった。
  
 
”俺とどっちが”……なんて。そう自分を主張するくせに……
 
”幽霊”の正体を明かそうとしない。……なんでだよ。
 
 
 
「貴方、本当に何者なんですか? ……名前くらい、あるでしょう」
 
 
 
気怠い口を動かして、目の前の瞳に問い掛けた。
ベストのチェーンを付け終えた男は、片眉を上げて笑いだした。
「はは……俺に名前なんて、ねえよ!」
「――――!」
「ゴーストだって、言ったろ!」
食い下がろうとした僕に、最後は鋭い眼光で睨み付けてきた。
 
「俺を探るなと、これも言ったはずだ!」
低く呻くような声で一括され、もう用済みとばかりに部屋から退室させられた。
 
 
……まだ、奥の部屋のことも訊いていなかった。
ビデオの追求も……
問い質したいことは、いっぱいあったのに。
「……………」
閉め出された101の扉を睨みあげて、ワゴンにしがみついた。
―――くぅ……
身体が回復していない。
立つのもやっとの足を震わせて、僕は通路を歩き出した。
 
 
今日は何回、酷い目に遭ったのか……
考えるのもイヤだけど、身体の軋みが訴えてくる。
―――なんで毎晩僕は、こんな思いをしてワゴンを牽いている……?
……アイツのあの答え……あんなの、答えになってない………
頭の中はそのことばかり、グルグル回っていた。
痛みと悔しさで、気が付けば歯ぎしりばかりだ。 
 
 
 
見えない答え。
増えていく疑惑。
 
まるで、さっきの目隠しのように……
真っ暗な空間の中で、触ってくる何かに抗って、必死に藻掻いているみたいだった。 
 
誰に聞いても、同じ答え……目の前のそこにある真実は、鼻先でシャットアウトだ。
それの繰り返し、繰り返し……。
幾重にも重なる謎の無限ループは、僕を飲み込んで、その口を二度と開かないんじゃないか。
真実も解らないまま、僕はただ、身体を弄ばれ続けて……… 
あの琥珀に取り込まれて…… 
 
深い闇に、引きずり込まれて行くような錯覚を起こした。
「――――うぁっ……」
 
…………転ぶ……!
僕は呼吸を取り戻して、ワゴンにしがみついた。
 
 
2ヶ月という短期間のヘルプなんだ……
それが終われば、この回廊から抜け出せるんだろうか。
僕はどうなってしまうんだろう…… 
 
 
 
硬い板張りの廊下は、僕の足音を冷たく返すだけだった。
 
 
  
でも――暗闇の中で、唯一足の下にある一本道は……
廻りめぐって、やはりあの男に続いているんだと思う。
 
―――アイツ自身が、この迷宮のシークレット・キーなんだ。
 
 
 
身体と心の痛みをそれで誤魔化すように、思考は止まらない。
旧館に戻っても、なん度も煩悶を繰り返していた。 
  
 
 
 
それでも、裸電球の下の布団に潜り込むと、疲れた身体に意識を持って行かれて……。
何も考える余裕もなく、泥のように眠ってしまった。
 
 

NEXT  Novel長編SS 短中編