真夜中のページ・ボーイ
  
18.
 
 
――――!? ……15年!?
 
 
「…………は……?」
 
  
……野暮どころじゃない……!!
……とんでもない、話しになった……
 
 
「そんなに長い間? ……ここに……?」 
何年も住み込んでる老人が居るってふうに、聞いていたけど……まさか、そんなとは……。
―――えっ……
ていうか……
 
「ウソ言うなよ! そんなに居て……なんでみんな、アンタのコト知らないんだ!?」
僕は最大の疑問を、やっと投げかけた。
 
両腕を突っ張って、男から離れる。
得体の知れなさに、今更ながら、ぞっとした。
全裸という無防備な格好にも、唇を噛んだ。
「…………」
男は僕をじっと見つめると、おもむろに起き上がってベッドを出ていった。
…………?
その姿を目で追いながら、足元の掛布を引き上げて、身体を隠した。
……怠い
ベッドに寝直して、男の消えた洗面室の方へ視線を放ってみる。
 
姿はすぐに現れた。俯いて、ゆっくりと歩いてくる。……手にはヘアブラシ。
「…………?」
ベッドのフチに腰掛けると、そのブラシで長い前髪を掻き上げ始めた。
 
――――あ……! 
 
オールバックに掻き上げた髪の内側から、ストレートの前髪が出てきた。
それを何筋か額に垂らす。  
ウェーブしてる髪と、そのストレートの前髪では、全然印象が違った。
そして、男が伏せていた目を上げた……。
 
「――――えっ!?」
 
―――真っ黒い双眸。
 
何よりも、印象が違うのは、そのせいだった。
そして、ベッド脇の壁に掛けてあった、仕立てのいいスーツの上を着込んだ。ネクタイまできっちりと締めて。 
 
真っ黒になった目で、涼しげに微笑んで見せる。 
 
その姿は、上流階級に属する気品に溢れていて……
金持ちの息子か、トップ事業者か……僕の想像する人間像なんて、そんなもんだけど。
とにかく、普段のバーテンダーみたいな軽薄な印象とは、まるで違った。
 
「…………」
驚いてベッドから起きあがったけど、何も言えない……。
 
 
「カラーコンタクト」
  
 
男は僕をその目で見下ろして、口の端を上げた。
 
「…………」
「外出する時は、必ずしているからな。……お前が騒いだところで、俺は絶対にバレなかった」
 
 
 
―――そういう……こと……
……え? ……でも…… 
納得しかけた時、ふと、疑問が湧いた。
 
 
「僕に会うときは、いつも……」
喉から声を絞り出した。
エレベーターに乗り込んで来た時も、渡り廊下でも……
コイツが琥珀の双眸を隠していたことは、なかった。
 
「……なんで僕に、アンバーを見せた……?」
まるで違う他人の顔…… 
真っ黒い眼と見つめ合ってみても……
額に掛かる、ストレートの前髪を見ても……
違う……向かい合っている気がしない。
どこを見て話せばいいのかわからず、視線を彷徨わせてしまった。
「………………」
その見慣れない二つの瞳が、僕を真っ直ぐに捕らえた。
  
 
 
「本当の俺を……助けてほしかった……」
 
 
 
「――――!!」
「いつも、お前を確認して、これを外していた」
「もし……誰かに見られたら……」
……そんな危険を冒して――― 
「はッ、……どうなったかな。……俺にとっても、賭だった」
「…………」
「実際、あの渡り廊下では……焦った」
 
…………。
 
「あの時は、車中でコンタクトを落としてしまっていたんだ」
「…………」
「だから、あそこで出会ったのが……見られたのがお前だったことに、俺の運のツキを確信した」
 
にやりと口の端を上げると、少し面影が出た。
……でもやっぱり、別人だ。
 
誰も……知らないわけだ。
そんなことくらい、思いついてもよかったのに。
――あまりにも強烈な悪の印象が……別人として存在出来るという可能性を、僕に想像もさせなかった。
 
「普段は、別館の他の部屋か…新館に泊まっている」
「……新館?」
「そう……そこで、お前を見た」
「…………」
「すれ違いに、”新しいボーイ?”って聞いたら、”ヘルプです!”て答えた」
 
――――エッ!?
 
「”僕、須藤って言います、よろしくお願いします”とも、言っていた」  
 
―――――!!! ……ちょっと、待って……
 
「擦れ違った!? ……僕、アンタと会ってた!?」
「一瞬な」 
また、口の端を上げる。
 
 
―――うそだろ……
 
  
仕事上、顔を覚えるのは得意だった。
一目で印象を覚え込む。
服装が違ったって、たいてい判るもんなのに……。
ヒトの印象なんて、そう変わるもんじゃないから……。
 
目の前の男を、もう一度見上げた。
 
悪から善に……完全にスイッチしている。
当たり障りのない空気。目立たず、大勢の人の中では、紛れてしまいそうな、弱いオーラ。
……カメレオンみたいだ。
この格好のまま、派手なオーラを出せる筈だ。女の子達が騒ぐような、客になれる。
その空気をみごとに、消し去っている……。
 
 
「……なまえ……は? ……アンタの名前」
 
―――何度聞いても、幽霊だと言う。
洒落じゃない……本当に幽霊みたいに、存在なんかしてなかったんだ。
……でも、この格好には、名前があるはず……
 
 
「……織部 宗司」
 
 
他人を呼ぶように、ぼそっと呟いた。
「アイツが付けた名前だ。……いかにもだろ」
 
 
―――オリベ……ソウジ
 
「……うん」
このカッコには、合ってる。本当に…いかにもだと思った。
そして、ホントのコイツには、全然似合わない。
 
「本当の名前……教えてよ」
 
「……忘れた。ねぇよ、そんなモン」
「…………」
「15年もゴーストをやって来た。これからもその名前で生きていく……アイツに取って代わるんだからな」
 
凶暴な笑みが、ちらりと覗く。 
 
「そのためには、本当の名前なんて要らねえ……捨てたんだ」
そう吐き捨てるように言うと、ネクタイを外して、スーツを脱いだ。
下を向いて、コンタクトを外している。
「…………」
その一つ一つの動作が完了するにつれ、本当のコイツが現れる。 
アンバーの光を再び見せたときは、無性に哀しくなった。
”忘れた” 
本当の名前を、そんな風に言わなきゃならないなんて……
 
―――弟子入りしたまま囲われて、ゴーストとして生きることを運命付けられた男―――
自分の人生を奪ったヤツの、名前を乗っ取って……すり替わって……復讐を果たそうとしている男……
 
「もし、僕が…ヘルプで……来なかったら……」
掠れる声で、呟いた。
 
「……さあな…」
聞くともなしの呟きに、ぼそりと答えている。
  
 
―――救われなかったんだろうか、この魂は……
 
 
 
「なんで、泣いている……」
 
「……アンタが、泣かないから……」
 
 
 
―――俺を助けろ―――
いつも、そう言ってたんだ。この瞳は……
このサインを見逃しちゃダメだと、僕は無意識にこの男に食らいついていた。
獰猛な猛禽類なんかじゃ、なかったんだ。
 
―――強がって、威嚇ばかりしている……寂しい狼……
  
 
 
涙が、後から後から、頬を伝う。
男は、剥き出しの僕の肩に、ガウンを掛けてくれた。
 
「お前が泣くな」
頬を太い指が、撫でる。
 
「……何て呼べばいいの……アンタのこと」
 
「…………」
「僕を特別扱いするなら……みんなに使っているウソの名前なんか、イヤだ……」
  
 
 
「……蓮」
 
 
 
「……レン?」
「……本名だ……」 
 
――レン……
こっちの方が、さっきのより、ずっとしっくり来る……
 
 
ベッドに腰掛け直すと、僕に顔を向けた。
「……なんだ?」
「ううん。似合ってると思って。……その名前」
レンはちょっと目を細めると、膝の上に置いた自分の掌に、視線を落とした。
 
「…………?」
「――俺は……本名を……自分を取り戻して、いいんだろうか……」
 
苦しそうに眉を寄せている。
―――レン……
 
僕は大きなガウンの前を会わせてベッドから降りると、レンの前に膝を付いた。
剥き出しの膝頭が、毛足の長い絨毯に包まれて沈む。 
「―――――」
揺れる琥珀を覗き込んだ。
さっきの名残で、前髪を全部後ろに流している。今はその双眸の全容が見えていた。
  
 
 
―――この眼が……恐かった……
 
きらきらと煌めく、琥珀色。
金色にも、深い土色にも変化する。
 
 
 
―――判ってみれば……寂しい狼が一匹……
 
今も、独りで彷徨ってる……
 
 
 
 
僕は両手を伸ばすと、綺麗に整えた髪に指を差し込んだ。
「――――!」
驚くレンを無視して、長い髪をぐちゃぐちゃに掻き回した。
「…………おいっ……」
 
「こっちの方が、レンだ」
僕は満足して、垂れ下がった前髪から覗く宝石を、もう一度眺めた。
「…………どんな人生だって、他人には成り変われないよ」
 
―――復讐で、自分の名前を捨てるなんて、間違ってる……
 
「どこまで行ったって、アンタはアンタだ」
「…………」
「その琥珀、僕だけに見せてくれて……嬉しい」
……恐かったけど。
そうでなきゃ、この孤独な魂のことを、僕は判ることができなかった。
 
「その眼は、レンのモノなんだ……名前も」 
「…………」
「誰に隠してたって、誰も知らなくたって、アンタはここに居る」
 
どんなに知りたくても、存在しなかった謎の男。
でも、いつの時も強烈な存在感で、僕の前には必ず居たんだ。
 
このオーラが、あの爺さんに成り代わるために、抹消されるなんて――― 
 
「ホテルには……いろいろな客が来るよね」
「…………」
「本名、偽名、それぞれの事情はあるだろうけど、毎日何十人も…年間何千人て入れ替わる中で、同じ人間が二人…なんて、絶対ありえない」
接客してれば、わかる。
放ってる雰囲気、匂い……。それは、どこまでいっても、本人のものでしか、ない。
 
 
「あの人が、いなくなったら……中埜御堂都は、アンタだ」
「…………」
「レンが中埜御堂都になるんじゃ、ないよ……わかる?」
 
 
琥珀が見開かれて、煌めいた。
光をたくさん取り込んで、今は黄金色に輝いている。
唇が微かに動いた。
何か言いたそうに……。  
 
膝の上の大きな掌に僕のを重ねると、その手を握られて、引っ張られて…… 
僕もレンの膝に身体を乗り上げて、首を伸ばした。
 
 
「…………」
 
 
唇が、そっと重なる。 
触れるだけ……押し当てるだけ……  
 
ひどくゆっくりと、時間が流れている気がした。
長い長い……柔らかいキス……
 
 
 
スローモーションで、その顔が離れていく。 
「…………」 
二人で、お互いの目を覗き込んだ。
  
もう一度顔が近づいた時―――奥の部屋から呻き声が響いた。
 
 
 
「―――――――!!」
 
 
 
ビクッと、二人の身体が跳ね上がった。
 
瞬時に、レンの目の色が変わる。
顔は真っ青になり、ギラギラと光る琥珀が吊り上がっていく。 
「―――――――」
僕は声も出せずに、レンを見つめた。
地獄からの呻き声は、どんどん大きくなって……誰かの名前を呼び始める。
この間と同じような恐怖……僕の身体も、震え出した。
 
「………………」
レンの両腕が、僕をきつく抱き締めた。
頭から抱えるようにして、胸の中にくるみ込む。
「ヤツに飲ませていた薬が切れた……お前は、もう帰れ」
…………薬……。
「レンは……?」 
あの中に呼ばれたら、何が起こる……? 
「俺のことは、心配ない……いつものことさ」
胸の中で見上げた僕に、静かに答えた。
「早くしろ……」
 
僕は制服を着込むと、絨毯の上でひっくり返っているワインクーラーと、すっかり室温になってしまったワインボトルを拾い上げた。 
部屋の出口に向かいながら、室内を振り返ると、ベッドの端に腰掛けたままのレンがいた。
―――胸がぎゅっと痛くなった。
目頭が熱くなっていく……
 
 
「レン……」
 
 
そう呼ぶと、滲んだ視界の中で、レンが座ったままハッとして顔を上げた。
 
 
 
 
「僕……アキヤ……須藤晃也だよ」
  
 
 
 
それだけ言って微笑むと、101を後にした。
  
  

NEXT  Novel長編SS短中編