夜もカエサナイ
 
8.
 
「や……やめ……」
慌てる千尋を、押さえ付ける俺。
右手は既に、寝間着の下に滑り込んで、生肌を撫で回していた。 
 
暗闇の中、蠢く一客の布団の中で、何が行われたかって……。
 
「んん〜っ」
濃厚なキス…。
千尋に腰をすりつけて、刺激して……
「お前はそのままでいい……動くなよ。声だけ我慢してろ」
仰向けに押さえ付けた身体を、舌でなぞっていく。
「ぁ……や……」
胸の尖りを念入りに舐めながら、後ろに指を入れて解していく。
「ぁん……だめ…だめです……声が……ぁ、ぁあ…!」
頭を振って、必死に抵抗する。
「千尋……いくぞ」
俺は指を抜くと、強引に挿入を始めた。
「くぅ……ん」
手探りで蕾にあてがった熱い滾りを、ゆっくりと千尋の体内に沈めていく。
「んっ……はぁ……」
身体を震わせながら、声を殺している気配が、愛しい。
頭と肩を両腕で抱え込んで、最後まで挿れるために腰を押し付けた。
 
「あぁっ……ごめんなさ……声……出ちゃうよぉ…」
 
千尋が堪りかねたように、胸の中で泣き声を上げた。
「あんまり辛きゃ……やめる」
「………ぅん…」
挿れた中が、もの凄く熱い。密着させた肌からも、熱が伝わってくる。
――この瞬間……サイコー…
気持ちよすぎて、変な声が出そうだ。
 
なるべくベッドが揺れないように、そっと腰を動かし始めた。
〈んっ……〉
ゆっくりゆっくり、ギリギリまで抜いて、最奧まで貫き直す。
その度に千尋の蕾を、焦らすようにじっくりと開閉させた。
〈んんぁ……はぁぁ……〉
喘ぎ始めた千尋の声が、いつもと違う。
〈いいのか…?〉
〈ん……徹平さん……その動き……スゴイですぅ…!〉
打ち付けない分、抽挿の幅を大きくしていて、擦っている時間が長い。
そのせいで、いつもとは違った疼きを生み出しているようだった。
〈ぁああっ……あ……あ……〉
指を噛んで、声を抑えている。
〈……このまま、イケるか?〉
〈え…〉
〈前…扱かない〉
今にもイキそうな喘ぎ声だったから、つい訊いてしまった。
〈わからない……です……ん、ぁあっ……〉
角度を変えて突き上げると、色っぽい声がますます高くなった。
抱き締めている身体が、仰け反る。
頭まで被っている布団のせいで、どんどん熱くなっていく。
〈ハァッ、ハァッ……〉
二人の吐息が熱気となって充満した。
〈あっ、ぁあっ……てっぺーさん…なんか……なんかボク〉
俺の胸にしがみついて、震えだした。
後ろが……いつにも増して、ぎゅっと締められる……
〈はッ……! スゲ…〉
奧からうねるように搾ってくる。出入りする俺を、掴んで離すまいとするように……
〈ハッ、…ハッ、…俺の方が……先か!?〉
グイと角度を付けて、内側から腹を突き破る勢いで、腰をグラインドさせた。
硬度を保っている俺のそれは、千尋のポイントをこれでもかと擦り上げていた。
〈んぁ……ああっ、すご……〉
快感で舌が回っていない。俺はその唇を塞いで、更に突きあげた。
〈…ぁああっ、…あぁ!………でちゃう…でちゃう、…いくッ!!〉
全身を震わせて、突然吐精した。
二人の間で、熱い飛沫が飛び散っていた。
〈イ…イっちゃいましたぁ……!〉
〈クゥッ……!〉
今の締め付けが、俺にも効いた。
〈んぁ! ……お腹……熱い……〉
千尋の中に出して、俺も脱力した。
〈スッゲ、気持ちイイ…〉
〈はぁ………ボクもですぅ…〉
 
 
〈……大丈夫か?〉 
スピードが無い代わりに、動く回数と時間は普段の倍以上だった。
俺も相当疲れていた。
〈……ハイぃ…〉
気絶するように、千尋は眠りに落ちていった。
 
 
 
 
 
 
「徹平、千尋! 起きな!!」
翌朝、激しくドアを開ける音とけたたましい呼び声に、俺たちは叩き起こされた。
 
  
「――――――!!」
「ひゃああぁぁ!?」
  
 
「朝だよ! いつまで寝てるんだい!?」
ズカズカと入ってくると、俺の布団を捲り上げた。 
「徹平、遅刻するよ!!」
 
  
「………ああ」
「ああ、じゃないよ、まったくもう。何歳になっても、一人で起きれない子だね!」
腰に手を当てて、呆れかえっている。
「…………」
「千尋も! いつまでも目をパチクリさせてんじゃないよ! 弁当作るんだろ!?」
「……ああ、……はいぃ! お、……起きます!」
 
俺たちは、それぞれのベッドから、もぞもぞと這い出た。
 
「て……徹平さん…ボク?」
千尋が、後ろからそっと訊いてきた。
「お前が寝ちまったあと、ベッドに戻しといた」
俺も小声で、返した。
「ひゃあ、そうなんですか……ありがとうございましたぁ……」
「ああ……」
 
―――あっぶねー! 今更ながら、背中が冷える。
 
千尋の汚れた身体を拭いてやって、寝間着を着せて。
……念のため、あっちに戻しておいて、本当によかった。
  
「ん? どうした?」
横で着替えだした千尋が、嬉しそうな含み笑いをしている。
 
「お母さんに、”千尋!”って、呼ばれましたー!」
 
 
 
そんな母親のおかげか、俺たちは夏バテもせずに秋を迎えた。
「千尋、覚えてるか?」
「はい…お月見まで、出来ませんでしたね…」
壁に掛けたカレンダーの9月を破いて、二人で、まだ何の予定も書き込んでない空白を眺めていた。 
夕食を済ませ風呂にも入った千尋は、隣でシャンプーのいい匂いをさせている。
「いつも、お前が時間を動かしていた。今日は誕生日です……もうすぐ七夕ですね……ってな」 
「……そう…ですね」
「俺はボケッとしてて、言われると”ああそうか”って感じで、お前に着いて行ってた気がする」 
「…………」
沈黙した後、千尋は床に視線を落とした。
「……ボクは…楽しいことばかり考えようとしてました。沈黙が訪れないように……何故かそれが怖くて、そんなことに必死だった気がします」
――現実に、引き戻されそうで……か?
あの時から、千尋は目覚めたくなかったのか……。
俯いた頭をぽんぽんと軽く叩きながら、カレンダーを2枚先まで捲った。
そこには、今年最後の一枚。 
「クリスマス、一緒にやろうって……約束してたのにな」
「…………」
澄んだ瞳が、眼鏡の奧から俺を見上げた。
「あん時は、できなくなったけど。二ヶ月後には、本物が出来るんだぜ……これって、スゴくね?」
俺の言葉に、千尋も頬を紅潮させた。
「はぃ……スゴいです!」 
 
今までは、夢の中の繰り返しだった。
同じイベントを、想い出を辿ってやり直していただけだ。
でも、これから先は……未知の時間に踏み込んでいく。
約束したことが、叶えられる。
反対にこの先、何が起こるかわからない。
 
「お前が事故に巻き込まれて、倒れてるの見た時。……動かなくなったの、見た時……」
――あの事故の光景は、今でも背筋が冷える。
腕の中に、千尋が居ることを実感したくて、背中から抱き締めた。
「俺、どうしていいか判らなかった……お前が生きてて、本当によかった」
 
千尋も俺の腕にしがみついた。
「ボクもです……徹平さんが血だらけで、横たわったまま……」
ポロポロと、涙を零し始めた。
「揺すっても……揺すっても………もう……どうしていいか……」
 
「ぅっ……うぇぇ」
子供が泣くように、しゃくり上げ始めた。
「また、大事な人が死んじゃう!……って、もう絶対嫌だった…そんなの」
 
――千尋……!
 
そうだ…。家族を事故で失っているんだ。
俺なんかより、ショックは何倍も大きかったんだ。
コイツが目覚めなかった理由が、また一つ……今になって解った気がした。
「俺たち、生きてたな」
キツク抱き締めて、頬をすり寄せた。
俺が流しているように、涙が俺にも伝う。
「お前が俺と今、ここにいる……それだけで、奇跡だよな」
「………」
「それだけで、充分だよな……泣く理由なんて、ないぞ!」
「……はいぃ」
 
鼻をすすりながら、それでも涙は止まらない。
「オラ、お前泣かすと、おやっさんに俺が叱られる!」
親指で、左右の頬をせっせと拭った。
「……えへへ……」
「? 何、笑ってる?」
「……お父さんには、毎晩頼んでます。ボクが泣くのは幸せだから……」
「!!」
「徹平さんは悪くないです…怒っちゃダメですって……」
 
そ……それは、……セックスを激しくしすぎた時の、話しでは……
―――つか、そんなこと報告してんのか!
 
「――――――」
俺は真っ赤になって、絶句してしまった。
 
「お…お仕置きしてやる!」
もう一回背後から抱き締めて、股間を握ってやった。
「えぇ! なんでですかぁ!?」
情け無い声を上げて、腰をびくつかせた。
「しないでいい、報告してるからだよ!」
 
後ろを振り向けば、写真がこっちを見ている。
でももう……知るか!
俺が直接報告してやる!
「千尋……母さんにも、いつか言おうな」
「……はい…」
さっきまで泣いてたカラスが笑って、また泣きだした。
 
 
俺たちはそうやって、新しい時間に足を踏み出して……
千尋も、明らかに変化していた。 
 
「……徹平さん、ボク…やりたいこと、見つけたんです」 
ベッドの中で、グッタリと横たわりながら視線だけ寄越した。 
 
「千尋……」
 
家族ができて、身分証明もあって、保証人が立てられる。
やりたいことが出来るという可能性が、千尋の人生に追加された。
そのことが、千尋に初めて夢を持たせていた。
 
 
「徹平さん、ボク……本当に感謝しています…だから、働きたいんです」 
 
 
  
 
 
「いいけど、ダメ!」
「お願いしますぅ……」
「そこじゃなきゃ、ダメなのか?」
「……一番、ここから近いんです」
 
やっと見つけてきた、就職口。
それはいかにも千尋らしい、料亭の調理場……板前だった。
ただ、免許のないコイツには、見習い期間が必要って事で……
「なんで、泊まり込みで1ヶ月も研修が必要なんだ!?」
「生活習慣から、作法まで、それから調理法・仕込みも……徹底的に教えて頂くらしいんですぅ」
「ダメだ!」
「他にも、いるんですよ! 見習いさん……何人も同時に研修を受けるんです」
「んなの、尚更許せるか!」
 
俺は子供みたいに駄々をこねて、頭の固いオヤジみたいにダメの一点張りだった。
当たり前だ! 通いなら、許してやるさ!
なんで、泊まり込みする必要があるんだ!?
 
「お前だって、研修は合宿だっただろう?」
最後は母親に、諭される始末だった。
「なんでアンタがよくて、千尋が駄目なんだい!」
「………」
「お前が、この子の未来を潰してどうするんだよッ!?」 
 
クッソーッ!! わかってるけど、わかってくれ!
まだぶっちゃけていない俺には、何も言い返せなかった。
そんな、判りきったこと……
コイツの天然な無防備なところが、俺は怖かった。
我慢してしまうところも。
もしまた、危険な目に遭ったら……
俺の手の届かないところで、手遅れになったら―――
そう考えると、ぞっとして……毎晩自分のベッドで抱き締めて眠った。
隣で主人を待つ、冷たいままのベッドが、いつも目に入る。
こんなすぐ隣でさえ、行かせたくない。
千尋のベッドに……帰したくない。
  
 
―――でもそんなこと、いつまでも言ってはいられなかった。
俺がオーケーを出さなければ、この話は流れてしまう。
ただでさえ条件に合う場所を探すのに、既に1ヶ月が過ぎていた。
お月見が終わり…、ハロウィンもとっくに終わっていて。
  
答えの貰えない千尋は、黙って俺を見つめた。
……笑顔が、少なくなっていく。
(…………)
俺じゃなく、また自分を責めてるのが、判る。
 
 
「………はぁぁぁっ……!!」
俺は思いっきり、大きな溜息をついた。
……しょうがねぇなあ、俺もコイツも!
 
「千尋…これだけは、約束を守ってくれ」
「…………」
抱き締めたベッドの中で、後ろから耳元に囁いた。
「危険を感じたら、即行逃げ出せ! ちょっとでも怪しかったら、絶対だぞ」
「……ハイ」
「俺が助けに行けるところまで、絶対に帰って来い!」 
「はい〜!」
「あと……上目遣いで見上げたら、ダメだ!」
「え〜?」
「人前で着替えたら、イカン!」
「……」
「誰かと二人っきりも、許さん!」
「……」
「呼び出されても、行くな!」 
「そ……それは、ムリかも…」
 
俺は思いつく限りを上げ連ねて、どんだけ心配してるかを伝えた。
それでもオッケーを出すのは、千尋の為なんだと、自分に言い聞かせながら。
 
「徹平さん……ありがとうございます」
俺の手に頬擦りをしながら、何度もそう繰り返した。 
「ボク……、もうあんなこと、ほんとうに嫌だから…怖くなったら、ちゃんと逃げてきます!」
「ああ、約束な」
「はい!!」
 
 
やっと師走直前……千尋の研修行きが、決まったのだった。
場所はなんと、都心にある老舗の本店。
裏にある屋敷を、賄い養成所として提供していて、現場を見せながらの実地研修らしい。
 
俺は保護者として、そこまで付き添って行った。
 
「じゃな、しっかり学んでこいや」
「はい、ありがとうございます〜!」
 

NEXT / 長編SS短中編