3.
 
「ぁっ、いいっ、気持ち……いいっ………むつきさぁん……」
 ずるるっ、ずるるっ、と激しい出入りの音を立てて、僕は後ろを穿たれる。
 長い玉状棒を入れきるまで、突くスピードを緩めない。同じ勢いですかさず引き擦り出される。
 すぐさま突っ込む。容赦のないピストン運動に、僕の身体は快感でガクガク震えていた。
 前はビンビンに張って、露を情けないほど垂らした。
”気持ちいい”という言葉は、一度言ってしまうと、驚くほど素直に身体に馴染んだ。
 突き上がる疼きと痺れを、脳髄で快楽に変えてくれる。
「うん、もっと喘いで……巽君……可愛いよ」
 担ぎ上げてる僕の茂みに顔を近づけ、袋ごと、下から裏筋を舐め上げた。
「ひ……ぃああぁ!……」
 悲鳴のような嬌声が上がる。
「む……き…さん……ぼくのペニ……こすって……」
 眩暈で舌がもつれる。睦月さんは、微笑んで、僕のいきり立っているものを掌で包んでくれた。
 上下に扱き出す。
「ぁあ……いい……凄い……死んじゃうよぉ」
 前と後ろの責めで、気がおかしくなりそうだった。
「いく……む……きさん……いかして……」
 ペニスを力強く扱き上げられる。後孔から体内を閃光が駆け巡り、目の裏で弾けた。
「ああぁ…、あああぁぁぁ!!」
 吐精する直前、スティックを引き抜かれて、あまりの絶頂に悲鳴を上げた。
 白濁を自分のお腹に飛ばして、ガクリと果てた。後ろの余韻が身体を痙攣させる。
「ぁ……む……さん、……すご……よかった……」
 僕は砂嵐のような耳鳴りの中で、それだけ伝えて、何もわからなくなった。
 
 
 
 
 頬にかかる優しい吐息を感じて、薄目を開けた。
 身体がだるくて動けない。指一本ぴくりともしない。
 ふう……と息だけ吐いた。
「ん……気がついた?」
 優しい瞳が逆様に覗き込んでくる。状況がわからなかった。
 ただダルくて、瞬きだけする。
 頬っぺたに柔らかい感触がそっと触れた。
 髪の毛を優しく梳いてくれる。その指が心地よくて、僕はまた目を瞑った。
 
 ……くん。
 ………たつみ  くん……
 誰かが僕を呼ぶ。
「起きて……朝だよ」
 はっきり声が聞こえた。
 柔らかいソプラノ。
 身体は……やはり動かない。僕は目だけ開けた。
 上から逆さに被さるように覗き込む鳶色の瞳。この風景を昨日も見た気がした。
 ぼやける頭を必死に働かせる。
「あ……僕……」
 声が掠れた。喉も唇もカラカラだ。
「おはよう、巽君」
 瞳が優しく細められた。
 僕は昨日のことを薄っすら思い出し始めた。体が熱くなる。
 でも、どうやって寝たか覚えていない。
 ここは……?
 ようやく自分の状況がわかった。
 僕は蓑虫のように頭だけ出して、毛布に包まれている。そして睦月さんの膝上で上半身を委ね、その両腕に包み込まれていたのだ。
 部屋は昨日のまま。その行為のあったベッドの上で、睦月さんは気を失った僕を、一晩中抱いていてくれたらしい。眠りもしないで、ただ僕の顔を覗きこんで。
「………睦月さん……」
 やや唖然とした顔で見返す僕に、またキスをくれた。頬がちゅっと音を立てる。
 前髪や横に落ちてくる巻き髪が、顔中にくすぐったい。
 包み込んで支えてくれる腕や肩や胸が、視界いっぱいに広がる。華奢なのにしっかりしていた。
 小さい頃、親にこんな風に抱えてもらったのを思い出す。そんな安心感に包まれていた。
 全身で睦月さんの体温を感じ、いい匂いに浸った。
「……ずっと……?」
 掠れて、なかなか出てこない声で問うてみる。
 僕なんてベッドに寝かせて、自分も横になればよかったのに。部屋に帰って寝るとか………。
 漠然とそんなことを思う。
「うん、ずっと。こうしていないと、いけない気がして」
「………な……で?」
 声が出ない。
「君に酷いことしちゃったから。それなのに君ったら、物凄く一生懸命ぼくの言ったこと、守ってくれる。ぼくは心が痛くなってしまった」
 悲しそうに眉をひそめて微笑む。
 僕は、その瞳を昨日の夜も見たのを思い出した。
「だから、君が……巽君が起きるまでこうやって抱きしめて、一番に君の瞳に映りたかったんだ。謝りたくて」
 僕は、小さく首を振った。それは違う………
「僕が……僕が睦月さんを……傷つけたから……」
 こんなふうに眉根を寄せさせ、微笑を失くさせた。あの時こそ心が痛かった。
 小首を傾げてちょっと笑うと、睦月さんは僕を身体から離した。
 毛布に包んだままベッド中央に抱え移して、身体を横向きにして寝かせた。
「まだ身体を起こして座っちゃ、駄目だよ。負担がかかるから。それに、仰向けよりこっちの方が きっと楽だから」
 毛布の上から、腰を擦る。
 僕は、頬を赤らめて頷いた。
 ちょっと待っててね、と言い残し、部屋を出て行く。
 ドアが閉まるのを見つめながら、ため息を漏らした。
 動くのが辛い。あちこち軋む身体を、実感し出した。
 さっきまで、どれだけ優しく抱き込んでくれていたかがわかる。
 改めて睦月さんの、無言の優しさに触れた。
 なんであんなに優しいの……
 見つめてくる瞳を思い出すと、胸がちょっと苦しくなった。
 
 その時、脳裏に黒い髪の人が過ぎった。
 ………光輝さん
 あの人もひどく優しかった。
 睦月さんの顔が、光輝さんの笑顔と完全に入れ替わる。
「こう……き……さん……」
 声に出して、呼んでみる。
 ツキンと胸が痛んだ。
 ああ、―――僕は、とうとう……。
 
 知らずに涙が流れていた。鼻頭の窪みに溜まって、反対側に落ちる。
 静かに、声も立てずに、僕はただ、はたはたと涙の粒をシーツに落としていた。
 それを拭えなかったのは、疲労からだけじゃない。
 深い絶望と悲しみが、心に黒い滲みを作っていった。
 
 
 それから、どれくらい経っただろう。
 僕は喉の渇きがきつくなって、何か飲みたかった。
「遅くなってごめんね」
 包まれた毛布を、剥ごうともぞもぞした時、睦月さんが髪をふわりとなびかせて戻ってきた。
 手にはペットボトルとストローを持っている。
 寝転びながら、飲めるようにとの配慮だ。
 僕は、目を輝かせて感謝した。本当に喉がカラッカラだったから。昨日のミルクティーといい、この人の気遣いは本当に心に触れる。
「はい、少しづつね……」
 横になっている僕に、ストローを咥えさせてくれた。
 冷たいスポーツドリンクは、とても美味しくて、身体に沁みていく。
「美味しい」
 唇もぺろぺろ舐めて湿らせた。
 喜んだ僕の頭を撫でながら、睦月さんは可笑しそうに笑ってくれた。
 そうして枕元に屈み込んで、ずっと寄り添いながら何度でも飲ませてくれた。
 
「睦月さん、ありがとうございます。僕、だいぶ楽になりました」
 身体のだるさも取れてきて、腕も動かせる。
 こっそり、涙の後も拭った。……今更だろうけど。
 そして心配していたことを、口にした。
「あの……もし、大事な仕事とかあるなら……僕、もう平気ですから」
 僕に付き合わせて、迷惑をかけているんじゃないかと。
 
「……巽くん」
 柔らかく微笑んで、軽く首を傾げる。巻き毛が肩に揺れた。
「ぼくの仕事は、今、君の指導員だよ。君にかける時間すべてが仕事だから、気にしないで。……それより」
 ふいに真剣に僕を覗きこむ。
「昨夜は、ぼくは君を試したんだ」
「………?」
「君が、ぼくの言うことをどれくらい聞く子なのか。何故ぼくなのか。ぼくでいいのか」
 僕は、じぃっと睦月さんを見つめた。
 悲しそうに睫毛の奥で瞳が揺れると、優しく頭を抱え込んでくれた。
 さっきの抱擁感を思い出す。ずっとかかえて僕だけを見てくれてたって……。
「君はほんとにいい子だね。前向きで、めげなくて、一生懸命」
 僕は頬が熱くなった。この会社に来て褒められることが多くなったが、まだ信じられない気がする。慣れなくて、戸惑う。
 ふわりと頬に両手を添えると、自分に向かせる。鼻と鼻がくっ付きそうな距離で見つめ合った。
 睫毛が長い影を落とす。その奥で鳶色の瞳がきらきら輝いている。綺麗過ぎて僕は心臓がドキドキした。
「その健気さが、ぼくの心を掴んだ。ぼくは君を愛しく思う」
「……………?」
「君が好きだよ、巽君……」
 
 
 


BACK                                NEXT